1.カテゴリーを選択してください。

2.機器を選択してください。

「VG141C」のエラーコード一覧

Er02
データーエラー

内容

データ化けが発生した(条件設定値及び売り上げ金額の数値が変化しています)

対処

元電源をOFF にし再度ON して下さい。
“E02”の表示の状態で “低”、 “中”、“高”のスイッチを同時に押すと、エラーが解除されます。次いで、再度条件設定して頂き、売り上げ状況確認モードにて数値のクリアして下さい。
Er07
温度エラー

内容

運転開始から5分経過してからバスケット出口温度が設定温度よりも10℃以上高くなった

対処

・設定温度の確認
・サーミスタの確認
・バーナーに炎が着火したままの場合は電磁弁に詰まりが無いか確認と制御基板が出力状態のままかを確認
Er08
入口温度異常

内容

バスケット入口温度が設定温度よいも70℃以上高くなった(ファンは回り続けます)

対処

・リントフィルターの詰まり、ダクト内のゴミの詰まり等風の流れを阻害する要因が無いか確認して下さい
・サーミスタの確認
・バーナーに炎が着火したままの場合は電磁弁に詰まりが無いか確認と制御基板が出力状態のままかを確認
Er15
ファンモーターサーマルエラー

内容

ファンモーターのサーマルが作動した

対処

・元電源をOFF にし、サーマルをリセットして下さい
・ファンモーターに負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認して下さい
Er16
駆動モーターサーマルエラー

内容

駆動モーターのサーマルが作動した

対処

・元電源をOFF にし、サーマルをリセットして下さい
・バスケットの回転に負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認して下さい
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた

対処

ドアをしっかり閉めて再度スタートスイッチを押して下さい
Er30
ファン出口サーミスタ断線

対処

サーミスタの交換
Er31
ファン出口サーミスタショート

対処

サーミスタの交換
Er32
バスケット入口サーミスタ断線

対処

サーミスタの交換
Er33
バスケット入口サーミスタショート

対処

サーミスタの交換
Er81
フレームロッドエラー

内容

点火動作に入っていないのに、フレームロッド~GND間に電流が流れている

対処

・フレームロッドがどこかに接触していないか確認して下さい
Er82
不着火エラー

内容

点火トランスON、バーナー用電磁弁ON 状態でフレームロッドに燃焼反応が無い(着火動作5回繰り返しても燃焼反応がない場合にエラー発生)

対処

・ガス元栓、ガス残量、ガスメーターの確認(ガスがきているかの確認)
・整流素子(機械後側ボックス内)の一次側(AC200V)と二次側(DC180V)に電圧があるか確認(配線の断線、及び整流素子の確認、電圧が正常の場合には、電磁弁の異常)
・点火プラグの点検
・フレームロッドの点検
・サーモスタットの動作状況を確認
Er85
電磁弁異常

内容

一度着火後、電磁弁ON→OFF に切り替えてから5秒経過しているのに、フレームロッドに燃焼反応がある(ファンは回り続けます)

対処

・ガスの元栓を締めてください
・電磁弁に電圧がきているか確認
・電磁弁に異物がかんでいないか確認
・フレームロッドがどこかに接触していないか確認
Er86
振動エラー

内容

地震などの大きな揺れを検知した

対処

・機械の水平の確認
・感震器取付板の水平の確認
・感震器がOPEN 状態なら感震器交換
Er87
負圧エラー

内容

負圧スイッチが作動しない

対処

・リントフィルターの掃除
・点検
・ファンモーターの確認
・負圧スイッチ及びエアーホースの確認
・リントフィルターフタ(下部扉)の確認
・ダクトのゴミ詰まりの確認
Er Ron
PROM エラー

内容

基板上のEEPROM が故障しています

対処

・制御基板の交換が必要です。
・運転途中で発生した場合は、そのまま運転が継続されます。
・運転前に発生した場合は、“Err Ron”表示の状態で、“低”、“中”、“高”スイッチを同時に押すとエラー解除され、残り時間の表示に変わります。乾燥は出来ますが、記憶したデータ、或いは新たにデータを記憶出来ない項目が発生しますので、制御基板は交換してください。