1.カテゴリーを選択してください。

2.機器を選択してください。

「TUMBLERS」のエラーコード一覧

Er01
モードエラー

内容

運転中受付不可のスイッチが押された

対処

2秒間ブザー鳴らした後自動復帰
Er02
データーエラー

内容

データ化けが発生した(条件設定値が設定範囲内を超えている)

対処

元電源をOFFにし再度ONしてください。“ E 0 2”の表示の状態で “温度” “乾燥” “冷風”の左下の条件設定スイッチを同時に押してください。エラーが解除されます。次いで、修正スイッチを押して修正モードに入り、条件設定値が範囲内にあるか確認の後変更して、再度修正スイッチを押して書込みをしてください。
Er07
温度エラー

内容

運転開始から5分経過してからファン出口温度が、設定温度より10℃以上高くなった

対処

・設定温度の確認
・サーミスタの確認
・ヒーターダンパー弁、及び冷風ダンパー弁が正常に動作しているか確認してください。
Er15
ファンモーターサーマ ルエラー

内容

ファンモーターのサーマルが作動した

対処

・元電源をOFFにし、サーマルをリセットしてください。
・ファンモーターに負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認してください。
Er16
駆動モーターサーマルエラー

内容

駆動モーターのサーマルが作動した

対処

・元電源をOFFにし、サーマルをリセットしてください。
・バスケットの回転に負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認してください。
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた

対処

ドアをしっかり閉めて再度運転スイッチを押してください。
Er30
ファン出口サーミスタ断線

対処

サーミスタの交換
Er31
ファン出口サーミスタショート

対処

サーミスタの交換
Er69
一時停止時間オーバーエラー

内容

運転中残り時間が“0” になっていない状態の時に停止スイッチを押して( ドアを開けた)、一時停止状態にしてから、1分以上経過しても、運転スイッチ、あるいは停止スイッチを押していない

対処

・電源スイッチをOF Fにしてください。
・再度電源スイッチを押して再運転してください。
Er01
モードエラー

内容

運転中もしくは停止中に受付け不可のスイッチが押された。

対処

2 秒間ブザーを鳴らした後、自動復帰。
Er02
データーエラー

内容

データ化けが発生した。(条件設定値が設定範囲内を超えている)

対処

“E02”表示の状態で、“回収” “乾燥”“冷風”の下の左側数値変更スイッチを同時に押すとエラーが解除されます。
修正モードにて、設定条件の確認をしてください。
運転中にエラー発生の場合、ファンと駆動モーターは回転していますが、その状態でエラー解除の作業を行ってください。
モーターが停止します。
何度エラー解除しても、再々エラーが発生する場合は、シーケンサーの異常が考えられますので交換してください。
Er07
バスケット出口温度エラー

内容

運転開始より5分経過後、バスケット出口温度が設定温度より15℃以上高くなった。

対処

・設定温度の確認。
・サーミスタの確認。
・空気流通経路内のゴミ詰まりの有無の確認。(リントフィルター、クーラー等)(蒸気電磁弁からの蒸気漏れの確認)
・蒸気電磁弁のゴミ噛み。
・リレー溶着の有無の確認。
・シーケンサー内のリレー溶着の確認。
Er08
バスケット入口温度エラー

内容

回収乾燥行程開始後10 分経過してから乾燥工程終了までの間に、バスケット入口設定温度より40℃以上高くなった。(バスケット入口温度制御を実施時に確認している)

対処

エラーが発生してもそのままの状態でエラーが解除されることもあります。
・設定温度の確認。
・サーミスタの確認。
・空気流通経路内のゴミ詰まりの有無の確認。(リントフィルター、クーラー等)(蒸気電磁弁からの蒸気漏れの確認)
・蒸気電磁弁のゴミ噛み。
・リレー溶着の有無の確認。
・シーケンサー内のリレー溶着の確認。
Er09
クーラー出口温度エラー

内容

回収行程開始して45 秒経過後より回収工程終了までの間にクーラー出口温度が40℃を超えた。

対処

エラーが発生してもそのままの状態でエラーが解除されることもあります。
・冷却水の循環及び冷却水量の確認。
・空気流通経路内のゴミ詰まりの有無の確認。(リントフィルター、クーラー等)
・冷却水温が高い。
・サーミスタの確認。
・クーラー配管内のスケールあるいはゴミ詰まりの確認。
Er15
ファンモーターサーマルエラー

内容

ファンモーター用サーマルが作動した。

対処

・元電源をOFF にし、制御ボックス内のマグネットサーマルをリセットしてください。
・バスケットの回転あるいは、ファンモーターに負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認。
Er16
駆動モーターサーマルエラー

内容

駆動モーター用サーマルが作動した。

対処

・元電源をOFF にし、制御ボックス内のマグネットサーマルをリセットしてください。
・バスケットの回転あるいは、ファンモーターに負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認。
Er17
ドアエラー

内容

運転スイッチを押した時、及び運転中にドアスイッチがOFF。

対処

・ドアをしっかり閉めて再度運転スイッチを押してください。
・上部カバー内にあるドアスイッチの動作確認。
・ドアスイッチからシーケンサーまでの電線の断線有無の確認。
Er21
防爆エラー

内容

フロートスイッチが作動した。

対処

・フロートスイッチ⇔シーケンサー間の電線の断線有無の確認。
・温度が上がり過ぎていないか確認。
Er23
吸気弁作動エラー

内容

吸気弁用リミットスイッチが正常反応を示さない

対処

・リミットスイッチがON 状態の時、導通があるか確認。
・ギアモーターが回転するかあるいは回転し続けているか確認。
・ギアモーター用リレーの確認。
・操作パネルからの出力確認。
Er24
排気弁作動エラー

内容

排気弁用リミットスイッチが正常反応を示さない

対処

・リミットスイッチがON 状態の時、導通があるか確認。
・ギアモーターが回転するかあるいは回転し続けているか確認。
・ギアモーター用リレーの確認。
・操作パネルからの出力確認。
Er25
冷風弁作動エラー

内容

冷風弁用リミットスイッチが正常反応を示さない

対処

・リミットスイッチがON 状態の時、導通があるか確認。
・ギアモーターが回転するかあるいは回転し続けているか確認。
・ギアモーター用リレーの確認。
・操作パネルからの出力確認。
Er30
バスケット出口サーミスタ断線

対処

・サーミスタ⇔シーケンサー間の電線の断線有無およびショートの確認。
・サーミスタの交換。
Er31
バスケット出口サーミスタショート

対処

・サーミスタ⇔シーケンサー間の電線の断線有無およびショートの確認。
・サーミスタの交換。
Er32
バスケット入口サーミスタ断線

対処

・サーミスタ⇔シーケンサー間の電線の断線有無およびショートの確認。
・サーミスタの交換。
Er33
バスケット入口サーミスタショート

対処

・サーミスタ⇔シーケンサー間の電線の断線有無およびショートの確認。
・サーミスタの交換。
Er34
クーラー出口サーミスタ断線

対処

・サーミスタ⇔シーケンサー間の電線の断線有無およびショートの確認。
・サーミスタの交換。
Er35
クーラー出口サーミスタショート

対処

・サーミスタ⇔シーケンサー間の電線の断線有無およびショートの確認。
・サーミスタの交換。
Er51
温度未到達エラー

内容

電磁弁ON 後30 秒経過してもバスケット入口温度がONした時の温度より2℃以上上昇しない

対処

・蒸気元バルブの確認。
・電磁弁開閉の確認。
・電磁弁のオリフィスの詰まりの有無確認。
・スチームトラップの確認。
・蒸気電磁弁用のリレーの確認。
・シーケンサーの出力確認。
Er69
一時停止時間オーバーエラー

内容

運転中一時停止にして、180秒以上経過しても運転あるいは停止スイッチが押されなかった。

対処

・電源スイッチOFF 後、再度電源スイッチを押して再運転してください。
Er01
モードエラー

内容

運転中受付不可のスイッチが押された

対処

2秒間ブザー鳴らした後自動復帰
Er02
データーエラー

内容

データ化けが発生した(条件設定値が設定範囲内を超えている)

対処

元電源をOFF にし再度ON して下さい。
“E02”の表示の状態で “温度”、“乾燥”、“冷風”の左下の条件設定スイッチを同時に押してください。エラーが解除されます。次いで、修正スイッチを押して修正モードに入り、条件値が範囲内にあるか確認の後変更して、再度修正スイッチを押して書込みをしてください。
Er07
温度エラー

内容

運転開始から5分経過してからバスケット出口温度が設定温度よりも10℃以上高くなった

対処

・設定温度の確認
・サーミスタの確認
・ヒーターダンパー及び冷風ダンパーが正常に動作しているか確認してください
Er15
ファンモーターサーマルエラー

内容

ファンモーターのサーマルが作動した

対処

・元電源をOFF にし、サーマルをリセットしてください。
・バスケットの回転或いはファンモーターに負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認してください。
Er16
駆動モーターサーマルエラー

内容

駆動モーターのサーマルが作動した

対処

・元電源をOFF にし、サーマルをリセットしてください。
・バスケットの回転或いはファンモーターに負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認してください。
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた

対処

ドアをしっかり閉めて再度運転スイッチを押してください。
Er30
ファン出口サーミスタ断線

対処

サーミスタの交換
Er31
ファン出口サーミスタショート

対処

サーミスタの交換
Er69
一時停止時間オーバーエラー

内容

運転中残り時間が“0”になっていない時に停止スイッチを押した、或いはドアを開けて一時停止状態にしてから1分以上経過しても、運転スイッチ或いは停止スイッチを押していない

対処

・電源スイッチをOFF にしてください。
・再度電源スイッチを押して再運転してください
Er01
モードエラー

内容

運転中受付不可のスイッチが押された

対処

2秒間ブザー鳴らした後自動復帰
Er02
データーエラー

内容

データ化けが発生した(条件設定値が設定範囲内を超えている)

対処

元電源をOFFにし再度ONしてください。“ E 0 2”の表示の状態で “温度” “乾燥” “冷風”の左下の条件設定スイッチを同時に押してください。エラーが解除されます。次いで、修正スイッチを押して修正モードに入り、条件設定値が範囲内にあるか確認の後変更して、再度修正スイッチを押して書込みをしてください。
Er07
温度エラー

内容

運転開始から5分経過してからファン出口温度が、設定温度より10℃以上高くなった

対処

・設定温度の確認
・サーミスタの確認
・ヒーターダンパー弁、及び冷風ダンパー弁が正常に作動しているか確認してください。
Er15
ファンモーターサーマルエラー

内容

ファンモーターのサーマルが作動した

対処

・元電源をOFFにし、サーマルをリセットしてください。
・ファンモーターに負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認してください。
Er16
駆動モーターサーマルエラー

内容

駆動モーターのサーマルが作動した

対処

・元電源をOFFにし、サーマルをリセットしてください。
・バスケットの回転に負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認してください。
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた

対処

ドアをしっかり閉めて再度運転スイッチを押してください。
Er30
ファン出口サーミスタ断線

対処

サーミスタの交換
Er31
ファン出口サーミスタショート

対処

サーミスタの交換
Er69
一時停止時間オーバーエラー

内容

運転中残り時間が“0” になっていない状態の時に停止スイッチを押して( ドアを開けた)、一時停止状態にしてから、1分以上経過しても、運転スイッチ、あるいは停止スイッチを押していない

対処

・電源スイッチをOF Fにしてください。
・再度電源スイッチを押して再運転してください。
Er01
モードエラー

内容

運転中受付不可のスイッチが押された

対処

2秒間ブザー鳴らした後自動復帰
Er02
データーエラー

内容

データ化けが発生した(条件設定値が設定範囲内を超えている)

対処

元電源をOFFにし再度ONしてください。“ E 0 2”の表示の状態で “温度” “乾燥” “冷風”の左下の条件設定スイッチを同時に押してください。エラーが解除されます。次いで、修正スイッチを押して修正モードに入り、条件設定値が範囲内にあるか確認の後変更して、再度修正スイッチを押して書込みをしてください。
Er07
温度エラー

内容

運転開始から2分経過してからファン出口温度が、設定温度より10℃以上高くなった

対処


・設定温度の確認
・サーミスタの確認
・ヒーターダンパー弁、及び冷風ダン
パー弁が正常に作動しているか確
認してください。
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた

対処

ドアをしっかり閉めて再度運転スイッチを押してください。
Er22
ドラム又はファン用インバータエラー

内容

ドラム又はファン用インバータ異常、または故障です

対処

インバータ表示確認
インバータBOX フィルタ掃除
Er30
ファン出口サーミスタ断線

対処

サーミスタの交換
Er31
ファン出口サーミスタショート

対処

サーミスタの交換
Er69
一時停止時間オーバーエラー

内容

運転中残り時間が“0” になっていない状態の時に停止スイッチを押して( ドアを開けた)、一時停止状態にしてから、3分以上経過しても、運転スイッチ、あるいは停止スイッチを押していない

対処

・電源スイッチをOF Fにしてください。
・再度電源スイッチを押して再運転してください。
Er04
全行程時間エラー

内容

全行程が99分を超えています。
99分を超える設定はできません。

対処

各行程時間を再検討してください
Er01
モードエラー

内容

運転中受付不可のスイ ッチが押された

対処

2秒間ブザー鳴らした後自動復帰
Er02
データーエラー

内容

データ化けが発生した (条件設定値が設定範 囲内を超えている)

対処

元電源をOFFにし再度ONしてくださ い。
“E02”の表示の状態で “温 度” “乾燥” “冷風”の左下の条件 設定スイッチを同時に押してくださ い。
エラーが解除されます。
次いで、 修正スイッチを押して修正モードに 入り、条件設定値が範囲内にあるか 確認の後変更して、再度修正スイッ チを押して書込みをしてください。
Er07
温度エラー

内容

運転開始から5分経過 してからファン出口温度 が、設定温度より10℃ 以上高くなった

対処

・設定温度の確認
・サーミスタの確認
・ヒーターダンパー弁、及び冷風ダン パー弁が正常に作動しているか確 認してください。
Er15
ファンモーターサーマ ルエラー

内容

ファンモーターのサーマ ルが作動した

対処

・元電源をOFFにし、サーマルをリセ ットしてください。
・ファンモーターに負荷がかかってい ないか、単相運転になっていない か確認してください。
Er16
駆動モーターサーマ ルエラー

内容

駆動モーターのサーマ ルが作動した

対処

・元電源をOFFにし、サーマルをリセ ットしてください。
・バスケットの回転に負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認してください。
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた

対処

ドアをしっかり閉めて再度運転スイッチを押してください。
Er30
ファン出口サーミスタ断線

対処

サーミスタの交換
Er31
ファン出口サーミスタショート

対処

サーミスタの交換
Er69
一時停止時間オー バーエラー

内容

運転中残り時間が “0” になっていない状態の時に停止スイッチを押して(ドアを開け た)、一時停止状態にしてから、1分以上経過しても、運転スイッチ、あるいは停止スイッチを押していない

対処

・電源スイッチをOFFにしてくださ い。
・再度電源スイッチを押して再運転し てください。
Er07
温度エラー

内容

ドラム出口温度が乾燥温度より15℃以上上昇した。

対処

蒸気電磁弁(ヒーター電磁弁)、またはドラム出口サーミスタの点検をする。
Er08
入口温度エラー

内容

バスケット入口温度が、 設定温度よりも38℃以上上昇した。

対処

蒸気電磁弁(ヒーター電磁弁)、またはドラム入口サーミスタの点検をする。
Er09
システムエラー

内容

PLC(シーケンサ)が異常です。

対処

PLCを交換し必要であれば弊社から発送した正常なPLGと交換してください。
Er16
ドラムサーマルエラー

内容

ドラムモータのサーマルが動作した。

対処

以下いずれかの原因を取り除き、サーマルをリセットする。
・衣類の入れすぎ
・機械的にドラムが回転しにくい
・200V電源の元電圧が下がっている
・200V電源の三相線の内、一本が緩んでいる
Er17
ドアエラー

内容

ドラム回転中にドアが開いた、あるいはドアが開いた状態で運転しようとした。

対処

ドアを閉じる、またはドアスイッチの点検をする。
Er21
防爆エラー

内容

内圧異常検知フロートが動作した。

対処

ドラム内で爆発が発生した恐れがあります。
爆発が発生した場合は直ちに消火活動を行ってください。
内圧異常検知フロートを点検する。
Er22
インバータエラー

内容

インバータが異常を発生した。

対処

200V電源の元電圧が下がっている。
200V電源の三相線の内、一本がゆるんでいる。(単相運転になっている)
モータ又はインバータの故障。
敗戦に緩みがないか、インバータの端子台に供給電圧と同じ電圧が入力されているかモータから異音がしてないか確認してください。
必要であればモータ、インバータを交換してください。
Er51
温度未到達エラー

内容

蒸気電磁弁(ヒーター電磁弁)をONしているのに、ドラム入口の温度に温度上昇がみられない。
3℃以上上昇しなかった。

対処

蒸気電磁弁(ヒーター電磁弁)を点検する。
Er60
乾燥回数エラー

内容

乾燥回数が16回となった。

対処

リントフィルターを掃除し、乾燥回数を0回(クリア)にする。
クリア方法・・・4-2-4 乾燥回数クリア方法参照
Er63
ドラム入口サーミスタエラー

内容

ドラム入口サーミスタの短絡、または断線。

対処

ドラム入口サーミスタを点検する。
Er64
ドラム出口サーミスタエラー

内容

ドラム出口サーミスタの短絡、または断線。

対処

ドラム出口サーミスタを点検する。
Er66
クーラー出口サーミスタ

内容

クーラー出口サーミスタの短絡、または断線。

対処

クーラー出口サーミスタを点検する。
Er66
外気温サーミスタエラー

内容

外気温サーミスタの短絡、または断線。

対処

外気温サーミスタを点検する。
Er67
冷凍機高圧エラー

内容

冷凍機高圧スイッチが動作した

対処

冷却水が供給されているか点検する。
元バルブを点検する。
冷却水の水温、水量を点検する。
自動給水弁、冷却水電磁弁、冷却水配管につまりがないか点検する。
Er68
冷凍機エラー

内容

水冷式:
冷媒電磁弁ON後50秒過ぎても低圧が復帰しない、又は冷媒電磁弁OFF後50秒過ぎても低圧カットしない。
空冷式:
冷媒電磁弁ON後90秒過ぎても室外機運転確認ができない、又は冷媒電磁弁OFF後90秒過ぎても室外機停止確認ができない。

対処

冷媒電磁弁を点検する。
Er69
一時停止時間エラー

内容

一時停止時間が1分を越えた。
(1分以内に再運転されなかった)

対処

エラー解除後、運転する。
(始めからの運転になります)
Er70
冷凍機サーマルエラー

内容

冷凍機のサーマルが作動した。

対処

冷凍機、マグネット、及びサーマルを点検する。
Er71
吸気弁エラー

内容

吸気弁が正常に作動していない。

対処

吸気弁、ギヤモータ、及びリミットスイッチを点検する。
Er71
排気弁エラー

内容

排気弁が正常に作動していない。

対処

排気弁、ギヤモータ、及びリミットスイッチを点検する。
Er74
バイパス弁エラー

内容

バイパス弁が正常に作動していない。

対処

バイパス弁、ギヤモータ、及びリミットスイッチを点検する。
Er75
クーラー出口温度エラー

内容

クーラー出口温度が35℃以上となった。

対処

冷凍機が運転されているか、冷媒不足でないか等を点検する。
Er76
室外機電源エラー(空冷式のみ)

内容

室外機元電源が供給されていない。

対処

室外機を点検、修理する。
Er77
室外機エラー

内容

室外機に異常が発生した。
(異常の内容は、室外機取扱説明書を参照)

対処

室外機を点検、修理する。
Er78
冷凍機運転エラー

内容

冷凍機運転時間が60秒以内であった状態が、2回連続して発生した。
またはクーラー出口温度が10℃以上なのに冷凍機が停止した。

対処

(水冷式)
冷凍機運転中の高圧ゲージの値は、適正か確認する。
冷媒不足ではないか等確認する。
(空冷式)
冷媒不足ではないか確認する。
お問い合わせはこちら