1.カテゴリーを選択してください。

2.機器を選択してください。

「FT11F」のエラーコード一覧

Er06
バッテリエラー

内容

バッテリエラー

対処

①バッテリの接続を確認してください。
②改善されない場合は、バッテリを交換してください。

警告/WARNING!
・バッテリは液漏れ、破裂、発熱、発火などの恐れがありますので、+、-の短絡、充電、分解、加熱、火への投入、強い衝撃を与えることなどは絶対に行わないでください。また、床に落下させるなどして強い衝撃を与えてしまったバッテリは、液漏れする恐れがありますので絶対に使用しないでください。
・バッテリの交換は十分な知識を持った技術者によって行われなければなりません。
・バッテリ交換中にバッテリの代わりにメモリを保持するコンデンサが入っています。30 分以上通電しておかないと、コンデンサに十分な電荷が蓄えられず、バッテリ交換中にデータが消えることがあります。
Er09
システム エラー

内容

PLCで次の異常が発生しました。
①メモリ異常 バックアップ用メモリへ保存中に電源OFFが発生しました。
②I/Oバス異常 CPUユニットと拡張I/Oユニット間の伝送 に異常が発生しました。
③PLCシステム設定異常 PLCシステム設定に設定値異常が発生し ました。
④オプションボード異常 通電中にオプションボードが外れました。

対処

①メモリ異常 プログラムの再転送が必要です。お問い 合わせください。
②I/Oバス異常 電源を再投入してください。復帰しない場 合は、電源を切ってからPLC各装置間の 接続ケーブルの外れ、コネクタの破損、断線等がないか確認し、電源を再投入してく ださい。
③PLCシステム設定異常 PLCシステム設定の再設定が必要です。 お問い合わせください。
④オプションボード異常 電源を切ってからオプションボードの接続 の外れ、コネクタの破損等がないか確認 し、電源を再投入してください。
Er15
メインコンベアインバータ エラー

内容

インバータが異常を発生しました。
インバータに“OL2”が表示されている場合は、モータ過負荷異常です。
※その他のインバータのエラーは、インバータのマニュアルを参照してください。

対処

①ベルトが張りすぎていないか確認してくだ さい。
②ローラに何か詰まっていないか確認してください。
③チェーンは適切に張られ、給油は行われ ているか確認してください。
④チェーンのリンクがスムーズに動くか確認してください。
⑤頻発する場合は、モータに異常がある可 能性があります。
Er20
計測第1センサエラー

内容

計測第1センサが運転開始時に反応しました。
計測第1センサが運転中に連続して6秒以上反応しました。(初期値)

対処

①タオルや異物がある場合は取り除いてください。ベルトが寄っている場合は真っ直ぐ に直してください。直しても再度寄る場合 は、ベルトの張りを強くしてください。
②ライトON設定になっている場合はダーク ONに設定してください。
③安定表示灯(緑)を確認してください。点灯 していない場合は、センサ光とミラーの状 態を確認し、光軸がずれている場合は、修正してください。そうでない場合はセンサとミラーの掃除及び感度設定を調整してくだ さい。
④コネクタの接触不良、ケーブルの断線、端子台の緩みを確認し、問題がある場合は 修正してください。
Er21
計測第2センサエラー

内容

計測第2センサが運転開始時に反応しました。
計測第2センサが運転中に連続して6秒以上反応しました。(初期値)

対処

①タオルや異物がある場合は取り除いてください。ベルトが寄っている場合は真っ直ぐ に直してください。直しても再度寄る場合 は、ベルトの張りを強くしてください。
②ライトON設定になっている場合はダーク ONに設定してください。
③安定表示灯(緑)を確認してください。点灯 していない場合は、センサ光とミラーの状 態を確認し、光軸がずれている場合は、修正してください。そうでない場合はセンサとミラーの掃除及び感度設定を調整してくだ さい。
④コネクタの接触不良、ケーブルの断線、端子台の緩みを確認し、問題がある場合は 修正してください。
Er22
落しセンサ エラー

内容

落しセンサが運転開始時に反応しました。
落しセンサが運転中に連続して6秒以上反応しました。(初期値)

対処

①タオルや異物がある場合は取り除いてください。ベルトが寄っている場合は真っ直ぐ に直してください。直しても再度寄る場合 は、ベルトの張りを強くしてください。
②ライトON設定になっている場合はダーク ONに設定してください。
③安定表示灯(緑)が点灯していない場合は センサの掃除及び感度設定を調整してください。
④コネクタの接触不良、ケーブルの断線、端子台の緩みを確認し、問題がある場合は 修正してください。
Er42
折り板部商品詰まりエラー

内容

折り動作後に5秒以上経過しても落しセンサが反応しませんでした。(初期値)

対処

①折り板と落しセンサ間でタオルが詰まっていないか確認し、詰まりがあれば取り除いてください。
②詰まりが頻発する場合は折り板部の調整 を行ってください。
③計測第2センサに反応した後で、折り動作する時にタオルを引き抜いた場合も発生します。
Er46
折り板動作 エラー

内容

折り動作時に折り板シリンダセンサが反応しませんでした。

対処

①折り板シリンダセンサの位置を確認し、ず れている場合は調整してください。
②エア圧を確認し、問題がある場合は調整してください。
③コネクタの接触不良、ケーブルの断線、端子台の緩みを確認し、問題がある場合は 修正してください。
Er31
投入間隔 エラー(エラー画面が表示されないエラー)

内容

投入間隔が速く、一時的に本機の処理が間に合っていません。

対処

投入間隔を1.5秒以上開けてください。 (初期値)
Er40
投入ワーク エラー (エラー画面が表示されないエラー)

内容

①処理可能サイズ外のワークが投入されま した。 ②タオルに穴が有り、実際より短く計測され ました。 ③タオルが斜めに投入され、実際より長く計 測されました。 ④計測第1センサ、及び計測第2センサの異常で計測が正常にできませんでした。

対処

①速度モニタを表示し、長さ計測値を確認し てください。処理可能寸法は折り方により 異なります。
②穴のあいた、薄くなった等のタオルを通さ ないでください。
③タオルを真っ直ぐに投入してください。
④ライトON設定になっている場合は、ダークONに設定してください。 安定表示灯(緑)を確認してください。点灯 していない場合は、センサ光とミラーの状 態を確認し、光軸がずれている場合は、修正してください。そうでない場合はセンサとミラーの掃除及び感度設定を調整してくだ さい。
お問い合わせはこちら