1.カテゴリーを選択してください。

2.機器を選択してください。

「DS121」のエラーコード一覧

Er1
汲上不良

内容

汲み上げ動作に入ってから30秒経過しても、ボタントラップ液面フロートがOFF しませんでした。

対処

・ベースタンクの液量確認
・ボタントラップ液面フロートの動作確認
・中間弁、各タンク出口弁、処理槽入口弁の動作確認
・ポンプモータの動作確認
Er2
排液不良

内容

排液動作を60秒延長しても、
ボタントラップ液面フロートがOFFしませんでした

対処

・ボタントラップストレーナ詰まり
・処理槽の液量確認
・ボタントラップ液面フロートの動作確認
・中間弁、各タンク入口弁、処理槽入口弁の動作確認
・ポンプモータの動作確認
Er3
サーマルリレー作動

内容

サーマルリレーがトリップした、もしくはインバータの異常です

対処

・トリップした要因の確認
・サーマルのリセット
・インバータ異常の解除
Er4
蒸気源異常

内容

乾燥動作開始から120秒間で一度も設定温度(50℃以上の場合は50℃)に達していません。
または乾燥動作中120秒間温度上昇がありません。

対処

・蒸気圧の確認
・蒸気手動弁の確認
・蒸気ストレーナの詰まり
・スチームトラップの動作確認
Er5
冷却水異常

内容

コンデンサ冷却水圧力の低下、チラー異常信号がON、冷却水温35℃以上、もしくは溶剤温度30℃以上です。

対処

・チラーの動作確認
・冷却水ポンプの動作確認
・冷却水ストレーナ詰まり
・冷却水手動弁の確認
・圧力センサの動作確認
Er7
冷凍機異常

内容

冷凍機異常信号がONしました

対処

・冷却水量、水温の確認
・冷却水ポンプの動作確認
・冷凍機冷媒量の確認
・サーマル、高圧スイッチのリセット
Er8
突沸

内容

ボイルオーバセンサの温度が60℃以下になりました
蒸留器蒸気弁の制御を中止します。

対処

・蒸留器内の泡立ちの確認
・蒸留量の確認
・洗剤使用量の確認
・ボイルオーバセンサ動作確認
Er9
溶剤不足

内容

自動運転終了時にウォッシタンク基準液面まで溶剤が入っていません。
溶剤を補充してください。

対処

・ウォッシ、リンスタンクの溶剤量の確認
・蒸留量の確認
・溶剤移動設定有無の確認
Er10
フィルタ圧力上昇異常

内容

フィルタ圧力スイッチがONしました。

対処

・スラッジダウンを行ってください。
・フィルタ出口弁、ウォッシ循環弁の動作確認。
Er15
蒸留器蒸気源異常

内容

蒸留器蒸気弁が開いている状態で蒸留温度が35℃以下かつ120秒間温度上昇がありません。

対処

・蒸気圧の確認
・蒸気手動弁の確認
・蒸気ストレーナの詰まり
・スチームトラップの動作確認
Er17
乾燥不良

内容

乾燥動作開始から60秒間で一度も設定温度(50℃以上の場合は50℃)に達していません。
乾燥時間を延長しました。

対処

・蒸気圧の確認
・蒸気手動弁の確認
・蒸気ストレーナの詰まり
・スチームトラップの動作確認
Er18
活性炭乾燥温度異常

内容

活性炭乾燥工程終了時に活性炭温度が50℃以下です。
次回脱着時に活性炭乾燥工程より再開します。

対処

・蒸気圧の確認
・蒸気手動弁の確認
・蒸気ストレーナの詰まり
・スチームトラップの動作確認
Er19
活性炭ヒータ温度異常

内容

活性炭乾燥工程中に活性炭乾燥温度が80℃以下かつ120秒間温度上昇がありません。
次回脱着時に活性炭乾燥工程より再開します。

対処

・蒸気圧の確認
・蒸気手動弁の確認
・蒸気ストレーナの詰まり
・スチームトラップの動作確認
Er20
脱着蒸気不足異常

内容

活性炭脱着工程中300秒以内に活性炭温度が80℃に達していません。

対処

・蒸気圧の確認
・蒸気手動弁の確認
・蒸気ストレーナの詰まり
・スチームトラップの動作確認
Er21
サーミスタ断線短絡異常

内容

サーミスタまたは配線の断線、短絡です

対処

・端子のゆるみ、配線状態の確認
・サーミスタの交換
Er22
液位センサ断線短絡異常

内容

ベースタンク液位センサまたは配線の断線、短絡です。

対処

・端子のゆるみ、配線状態の確認
・ベースタンク液位センサの交換
Er23
エアバッグ圧力センサ断線短絡異常

内容

エアバッグ圧力センサまたは配線の断線、短絡です

対処

・圧力センサのゼロ調整(調整後、電源再投入)
・端子のゆるみ、配線状態の確認
・ベースタンク液位センサの交換
Er24
ボイルオーバセンサ異常

内容

サーミスタ、ヒータまたは配線の断線、短絡です。
運転開始後300秒以内にボイルオーバ温度が60℃に達していません。

対処

・端子のゆるみ、配線状態の確認
・ボイルオーバセンサの交換
・蒸留器液量の確認
Er35
ピストンフロー排気異常

内容

ピストンフロー排気動作に入ってから120秒経過してもエアバッグ負圧検知がON になりませんでした。

対処

・エアバッグ残留量の確認
・エアバッグ圧力センサの確認
・ファンの動作確認
・手動弁の確認
Er36
ピストンフロー吸気異常

内容

ピストンフロー吸気動作に入ってから120 秒経過してもエアバッグ正圧検知がON になりませんでした。

対処

・エアバッグ残留量の確認
・エアバッグ圧力センサの確認
・ファンの動作確認
・手動弁の確認
Er41
エアバッグ正圧検知異常

内容

エアバッグ異常圧力値に達しました。
蒸留器蒸気弁の制御を中止します。

対処

・エアバッグ残留量の確認
・エアバッグ圧力センサの確認
・コンデンサ冷却水の確認
Er56
インターロック作動

内容

運転中にインターロックのリミットスイッチがOFFしました。

対処

・リミットスイッチの修理、調整
・端子のゆるみ、配線状態の確認
Er60
ラプチャディスク破れ検知

内容

処理槽内の急激な圧力上昇、引火及び爆発によって
ラプチャディスク破れ検知しました

対処

・処理槽内の確認
・破れ検知リミットスイッチの断線、誤動作
・端子のゆるみ、配線状態の確認
Er64
振動検知

内容

次工程に乾燥工程がある脱液動作中に振動を5 回検知しました。

対処

・処理量の確認
・処理槽内被洗物の偏りの確認
・振動センサの誤動作、調整不良
・端子のゆるみ、配線状態の確認
Er74
洗剤未投入

内容

洗剤投入時に洗剤投入検知がON しませんでした。

対処

・洗剤の残量確認
・洗剤投入検知センサの動作確認
Er80
ボタントラップフロート異常

内容

乾燥、ピストンフロー、脱臭工程で、ボタントラップ液面フロートがOFF しました。

対処

・手動での排液
・ボタントラップ液面フロートの動作確認
Er81
蒸留器水投入不良

内容

蒸留器水投入弁を開いてから60秒間の間に、蒸留温度が下がりませんでした。

対処

・じょうごへの水供給確認
・蒸留器水投入弁の動作確認
Er82
蒸気もれ異常

内容

電源投入時に処理槽出口との温度差が10℃以上あります。

対処

・蒸気弁のもれ確認
Er83
ドラムモータ過負荷

内容

ドラムモータが定格値を超えて運転しています。
洗浄XをY秒キャンセルしました

対処

・負荷の軽減(衣類投入量、溶剤量、洗浄時間)
・駆動部負荷の確認
Er90
GP バックアップ電池交換時期

内容

タッチパネルのバックアップ電池交換時期です

対処

・データのバックアップ
・電池の交換
Er91
GP バックアップ電池切れ

内容

タッチパネルのバックアップ電池切れです。

対処

・データのバックアップ
・電池の交換
Er92
GP バックライト切れ検出

内容

タッチパネルのバックライト切れを検出しました。

対処

・データのバックアップ
・バックライトの交換(メーカ修理)
Er93
PLC バックアップ電池交換時期

内容

PLC のバックアップ電池交換時期です

対処

・データのバックアップ
・電池の交換
お問い合わせはこちら