1.カテゴリーを選択してください。

2.機器を選択してください。

「DS121」のエラーコード一覧

Erコ1
溶剤汲上不良

内容

予洗・本洗・すすぎ工程で溶剤の汲上が充分でない時
手動ウォッシ全蒸留で溶剤の汲上が充分でない時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・ポンプが回っているか確認
・必要な弁の開閉確認(弁3,5,7,9,15,17)
・ボタントラップのフロートスイッチのリント付着確認
Erコ2
溶剤排液不良

内容

予洗・本洗・すすぎ工程の脱液が始まる前に排液が充分に行われていない時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・ポンプが回っているか確認
・必要な弁の開閉確認(弁5,9,10,16,34)
・ボタントラップのフロートスイッチのリント付着確認
Erコ3
サーマルリレー作動

内容

モータのサーマルリレーが作動した時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・衣料の入れ過ぎではないか
・排液が充分行われているか確認
(ボタントラップ)
Erコ4
蒸気源異常

内容

・蒸気圧が設定圧力以下になった時0.1MPa(1.0kgf/cm2G)(オプション)
・自動乾燥工程及び手動乾燥で開始2分の間に処理槽入口サーモの温度が一度もX℃に到達しなかった時
設定温度が60℃以上の時X=50℃
設定温度が60℃未満の時X=設定温度-10℃
・モーニング脱臭で開始3分の間に処理槽入口サーモの温度が一度も40℃に到達しなかった時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・ボイラーの確認
・バルブ類の開を確認
・ドレン抜き
Erコ5
冷却水源異常

内容

・冷却水源の圧力が設定圧力以下になった時0.05MPa(0.5kgf/cm2G)
・自動運転及び手動運転開始時に溶剤温度サーモが30℃以上の場合は「溶剤冷却待機しています」表示し待機するが、5分以上経過しても30℃以下にならない時
・蒸留コンデンサ冷却出口水温が35℃以上になった時
・チラー異常を検知した時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・チラーの状態を確認
・バルブ類の開を確認
・チラー水の水温確認
Erコ7
冷凍機異常

内容

冷凍機のサーマルや高圧カットが働いた時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・冷却水の流量不足,他を確認
・冷凍機の冷媒抜け
・逆相配線していないか確認
Erコ8
突沸

内容

蒸留器内に溶剤を入れすぎた時
蒸留器内の掃除不良による泡立ちの時
蒸気圧が高すぎる時

対処

<工程終了後表示>
・蒸留器内の掃除をする
・蒸気圧が適正か確認
・蒸留器内に溶剤が残っている可能性があります。確認の上、残留している場合は手動運転の蒸留器蒸気弁にて減量してから運転してください
Erコ9
フロートスイッチ異常

内容

乾燥工程以降で低液位スイッチが作動しない時

対処

<工程終了後表示>
・ボタントラップのフロートスイッチのリント付着確認
・ボタントラップのフロートスイッチが断線していないか確認
Erコ10
リントフィルタ詰まり

内容

リントフィルタが詰った時乾燥工程で冷凍機が低圧カットを検知した時

対処

<工程終了後表示>
・リントフィルタのリント掃除
・冷媒不足
Erコ19
活性炭乾燥温度異常

内容

活性炭乾燥の開始から2分以内に、97℃以上にならなかった時

対処

<工程終了後表示>
・ボイラーの状態確認
・蒸気弁の確認
Erコ20
脱着蒸気不足

内容

脱着開始より5分経過時点で、活性炭蒸気の温度が80℃に達していない時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・ボイラーの状態確認
・蒸気弁の確認
Erコ21
サーモスタットⅠ異常(オプション)

内容

サーモスタットⅠが断線,短絡など故障した時

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ,配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ22
サーモスタットⅡ異常

内容

サーモスタットⅡが断線、短絡など故障した時

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ,配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ23
クーラ出口サーモA異常

内容

クーラ出口サーモA が断線、短絡など故障した時

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ,配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ24
ボイルオーバーセンサ異常

内容

ボイルオーバーセンサの断線、短絡など故障した時

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ,配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ25
蒸留サーモ異常

内容

蒸留サーモが断線、短絡など故障した時

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ,配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ26
クーラ出口サーモB異常

内容

クーラ出口サーモB が断線、短絡など故障した時

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ,配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ27
溶剤温度サーモ異常

内容

溶剤温度サーモが断線、短絡など故障した時

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ,配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ28
溶剤汲み上げ不良

内容

本洗・すすぎ工程で溶剤の汲み上げが充分でない時

対処

<工程終了後表示>
・コ1 の処置方法を参照
Erコ29
光電スイッチ異常

内容

センサの断線又はセンサ間の光軸がずれている時

対処

電源投入時
・光電スイッチ確認
・エアバッグが過度に膨張している場合は均して下さい
Erコ35
ピストンフロー排気異常

内容

ピストンフロー排気中に、エアバッグ負圧センサが一度も検知しなかった時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・ピストンフローファンの動作確認
・必要な弁の開閉確認(弁34,43,43-1,62,75,149,150,150-1,190)
・エアバッグの過度の膨張
Erコ41
エアバッグ正圧検知

内容

蒸留器蒸気弁がONしている時、溶剤汲み上げ時、または乾燥工程中にエアバッグ正圧圧力センサ(PS7)が5秒以上連続して圧力検知した時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・チラーの状態を確認
・バルブ類の開を確認
・チラー水の水温確認
Erコ58
脱着コンデンサ入口温度異常

内容

脱着開始5分迄に、脱着コンデンサ入口温度が50℃以上になっていない時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・脱着溶剤回収弁を確認
Erコ60
ラプチャーディスク破れ検知

内容

ラプチャーディスクが破れた時
・処理槽内の圧力が急激に上昇した、
又は処理槽内で引火が発生した可能性があります。
・洗濯物の中に混入した異物等がディスクに衝突した。
・洗剤無しで運転し静電気により引火した。
・処理槽内にライターなどの可燃物が入っていた。

対処

ブザーが鳴り機械停止
・ラプチャーディスクの破れ確認
・破れ検知リミットスイッチの動作確認
・処理槽内の異物確認
・直ちに元電源を落としてください。
・処理槽内に火種が残っている可能性がありますので、ドアを開ける時は十分注意してください。
・処理槽内の衣料が燃えている場合は、直ちに消火活動を行ってください。
Erコ64
振動異常(オプション)

内容

振動センサーが振動異常を5 回連続して検知した時

対処

<工程終了後表示>
・衣料の入れ過ぎではないか
・排液が充分行われているか確認
Erコ73
クーラ出口サーモ異常

内容

クーラ出口サーモAとBの温度差が7℃以上になった時、かつAとBのどちらかが、-6℃以下の状態が1分間以上継続した時

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ,配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ74
洗剤未投入

内容

洗剤が投入されていない時

対処

<工程終了後表示>
・洗剤缶の洗剤が空になっていないか確認
・洗剤投入ホースにエアが溜まっており洗剤が吸引されていないか確認
・液切れセンサーの動作不良または短絡の確認
・洗剤投入器逆止弁の動作確認
・洗剤投入スイッチを押し洗剤をホースに充填するまで異常解除できません。
ErE98
バックアップ不良

内容

電源投入時にシーケンサのバッテリーが不足している時

対処

シーケンサのバッテリー交換
Erコ15
蒸気供給異常

内容

表示タイミング
・運転終了時
異常表示内容
・蒸留機蒸気の供給不足です。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・蒸気配管ドレン抜け不良
・蒸気圧低下
・ボイラー異常