1.カテゴリーを選択してください。

2.機器を選択してください。

「CLEANING」のエラーコード一覧

Er06
メモリーエラー

内容

EEPROM読み込み時BCC異常時に表示
Er07
温度エラー

内容

溶剤温度が36℃以上又は設定温度+10℃以上になった時に表示
Er12
給液弁エラー

内容

給液切替弁が作動しない時に表示
Er14
廃液弁エラー

内容

排液弁が作動しない時に表示
Er15
振動エラー

内容

振動検知が5回作動した時に表示
Er16
サーマルエラー

内容

ポンプサーマルが作動した時に表示
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた時に表示
Er22
インバーターエラー

内容

インバーターが不良の時に表示
Er27
回生抵抗エラー

内容

モーターの減速中に過電流が流れた時に表示
Er30
溶剤温度サーミスタエラー

内容

サーミスタが断線した時に表示
Er31
溶剤温度サーミスタエラー

内容

サーミスタが短絡した時に表示
Er54
回転停止エラー

内容

ポンプ「ON」後2分以上経過しても、回転停止 信号が確認できない時に表示
ErA0
バッチ洗浄弁近接センサーエラー 

内容

バッチ洗浄弁作動後3秒以内にセンサーの信号 が来ない時に表示
ErA6
圧カセンサーエラー 

内容

給液してから設定時間経過してもAID値に変化 がない時に表示
Er01
キー操作エラー

内容

操作できないキーを押した時に表示
Er02
行程時間エラー

内容

時間がすべて0秒の時に「運転」を押すと表示
Er07
温度エラー

内容

溶剤温度が36℃以上になった時に表示
Er09
システムエラー

内容

マイコンが異常になった時に表示
Er12
給液弁エラー

内容

給液切替弁が作動しない時に表示
Er14
排液弁エラー

内容

排液弁が作動しない時に表示
Er16
サーマルエラー

内容

ポンプサーマルが作動した時に表示
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた時に表示
Er22
インバーターエラー

内容

インバーターが不良の時に表示
Er28
ストールエラー

内容

時間内に指令速度に達しない時に表示
Er06
メモリーエラー

内容

EEPROM読み込み時BCC異常時に表示
Er07
温度エラー

内容

溶剤温度が36℃以上又は設定温度+10℃以上にな った時に表示
Er12
給液弁エラー

内容

給液切替弁が作動しない時に表示
Er14
排液弁エラー

内容

排液弁が作動しない時に表示
Er15
振 動エラー

内容

振動検知が5回作動した時に表示
Er16
サーマルエラー

内容

ポンプサーマルが作動した時に表示
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた時に表示
Er22
インバーターエラー

内容

インバーターが不良の時に表示
Er22
回生抵抗エラー

内容

モーターの減速中に過電流が流れた時に表示
Er30
溶剤温度サーミスタエラー

内容

サーミスタが断線した時に表示
Er31
溶剤温度サーミスタエラー

内容

サーミスタが短絡した時に表示
Er54
回転停止エラー

内容

ポンプ「ON」後2分以上経過しても、回転停止 信号が確認できない時に表示
ErA0
バッチ洗浄弁近接センサーエラー

内容

バッチ洗浄弁作動後3秒以内にセンサーの信号 が来ない時に表示
ErA6
圧カセンサーエラー

内容

給液してから設定時間経過してもAID値に変化 がない時に表示
Er01
キー操作エラー

内容

操作できないキーを押した時に表示
Er02
行程時間エラー

内容

時間がすべて0秒の時に「運転」を押すと表示
Er07
温度エラー

内容

溶剤温度が36℃以上になった時に表示
Er09
システムエラー

内容

マイコンが異常になった時に表示
Er12
給液弁エラー

内容

給液切替弁が作動しない時に表示
Er14
排液弁エラー

内容

排液弁が作動しない時に表示
Er16
サーマルエラー

内容

ポンプサーマルが作動した時に表示
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた時に表示
Er22
インバーターエラー

内容

インバーターが不良の時に表示
Er28
ストールエラー

内容

時間内に指令速度に達しない時に表示
Er06
メモリーエラー

内容

EEPROM読み込み時BCC異常時に表示
Er12
給液弁エラー

内容

給液切替弁が作動しない時に表示
Er14
排液弁エラー

内容

排液弁が作動しない時に表示
Er15
振動エラー

内容

振動検知が5回作動した時に表示
Er16
サーマルエラー

内容

ポンプサーマルが作動した時に表示
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた時に表示
Er22
インバーターエラー

内容

インバーターが不良の時に表示
Er27
回生抵抗エラー

内容

モーターの減速中に過電流が流れた時に表示
Er30
溶剤温度サーミスタエラー

内容

サーミスタが断線した時に表示
Er31
溶剤温度サーミスタエラー

内容

サーミスタが短絡した時に表示
Er54
回転停止エラー

内容

ポンプ「ON」後2分以上経過しても、回転停止 信号が確認できない時に表示
ErA0
バッチ洗浄弁近接センサーエラー

内容

バッチ洗浄弁作動後3秒以内にセンサーの信号 が来ない時に表示
ErA1
F. 切替弁1 近接センサーエラー

内容

フィルター切替弁1 作動後3秒以内にセンサー の信号が来ない時に表示
ErA2
F. 切替弁2近接センサーエラー

内容

フィルタ一切替弁2作動後3秒以内にセンサー の信号が来ない時に表示
ErA3
蒸留用排液弁近接センサーエラー

内容

蒸留用排液弁作動後3秒以内にセンサーの信号 が来ない時に表示
ErA4
循環用排液弁近接センサーエラー

内容

循環用排液弁作動後3秒以内にセンサーの信号 が来ない時に表示
ErA5
吸い込み切替弁近接センサーエラー

内容

吸い込み切替弁作動後3秒以内にセンサーの信号が来ない時に表示
ErA6
圧カセンサーエラー(給液)

内容

給液してから設定時間経過してもAID値に変化がない時に表示
ErA7
圧カセンサーエラー(排液)

内容

排液してから設定時間経過しても圧力AID値が 規定の値(20H)以下にならない時に表示
Er01
キー操作エラー

内容

操作できないキーを押したときに表示
Er02
データーエラー

内容

行程に0分があるときに表示
Er04
全行程時間エラー

内容

全行程時間が99分を越えたときに表示
Er06
メモリーエラー

内容

RAMバッテリーが不良になったときに表示
Er07
温度エラー

内容

溶剤温度が36℃以上になったときに表示
Er12

内容

紐弁、妹罷弁エテ 洗浄弁、左右切替弁が作動しないときに表示
Er14
左右排液弁エラー

内容

左右の排液弁が作動しないときに表示
Er15
振動エラー

内容

振動検知が5回作動したときに表示
Er16
サーマルエラー

内容

サーマルが作動したときに表示
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いたときに表示
Er21
防爆エラー

内容

防爆エラースイッチが作動したときに表示
Er22
インバーターエラー

内容

インバーターが不良のときに表示
Er27
回生抵抗エラー

内容

過電流が流れたときに表示
Er30
液温度サーミスクエラー

内容

サーミスターが断線したときに表示
Er31
液温度サーミスクエラー

内容

サーミスターが短絡したときに表示
ErSOAP
静電気エラー

内容

モニターランプが『起りやすい』に点灯したときに表示
Erコ8

内容

・蒸留器中の溶剤の入れすぎ。・蒸留器内の掃除不良による泡立ち。・蒸気圧が高すぎる。

対処

<工程終了後表示>・蒸留器内の掃除をする・蒸気圧が適正か確認
Erコ10

内容

・本洗工程開始1.5分から2 分の間にフィルタ圧力スイッチがON した時。・本洗排液時間が規定時間内(1分)に終わらなかった

対処

<工程終了後表示>・ポンプのリント巻き込みを確認して下さい
Erコ11

内容

ウォッシタンク内溶剤温度が設定値以下にならない。(プログラム4で初期設定1の冷却待機有りの時のみ)

対処

ブザーがなり、機械停止・冷凍機膨張弁の点検・冷凍機冷媒量確認
Erコ12

内容

リンスタンク液をウォッシタンクに移動するとき、フロートスイッチが上限検知しない。

対処

<工程終了後表示>・ウォッシタンク内のフロートスイッチ点検。
Erコ13

内容

乾燥開始から1分までに、一度も処理槽入口温度が50℃以上にならなかった。

対処

ブザーがなり、機械停止・ボイラの確認・バルブ類の開を確認(弁14)
Erコ14

内容

・乾燥中冷凍機の低圧カット・無負荷運転でも発生することがあります。このときは異常ではありません。

対処

<工程終了後表示>・リントフィルタの掃除又は交換・冷凍機冷媒不足
Erコ15

内容

・モーニング脱臭実行中に蒸留器蒸気弁がON した後で空だきセンサの検知温度が一度も90℃を越えなかったとき。
・自動運転中に蒸留器弁がON した後で空だきセンサの検知温度が一度も100℃を越えなかったとき。

対処

<工程終了後表示>・ボイラの確認・バルブ類の開を確認(弁36)
Erコ16

内容

・脱着開始から3 分以降に活性炭入口温度が50度以下になったとき。

対処

ブザーがなり、機械停止・ボイラ確認
Erコ17

内容

・自動運転の乾燥工程で、乾燥開始から17 分経過しても設定温度に達しなかったとき。
・洗浄前乾燥で、低温乾燥の間に処理槽入口温度が設定温度に達しないとき。

対処

ブザーがなり、機械停止・サーモスタットIの設定温度確認・ボイラ確認
Erコ18

内容

・処理槽入口温度が50℃以上になった後に、35℃以下の状態が10 秒間続いたとき。

対処

・ボイラの確認・バルブ類の開を確認(弁14)
Erコ21

内容

処理槽出口サーモが断線、短絡などの故障した場合

対処

<工程終了後表示>・端子のゆるみ、配線状態を確認する・不良の場合交換
Erコ22

内容

処理槽入口サーモが断線、短絡など故障した場合

対処

<工程終了後表示>・端子のゆるみ、配線状態を確認する・不良の場合交換
Erコ23

内容

クーラ出口センサが断線、短絡などの故障した場合

対処

<工程終了後表示>・端子のゆるみ、配線状態を確認する・不良の場合は交換する
Erコ24

内容

ヒータあるいはセンサの断線、短絡などの故障した場合

対処

<工程終了後表示>・不良の場合交換
Erコ25

内容

・センサの断線短絡などの故障をした場合

対処

<工程終了後表示>・センサ点検・不良の場合交換
Erコ27

内容

・センサの断線短絡などの故障をした場合

対処

<工程終了後表示>・センサ点検・不良の場合交換
Erコ28

内容

本洗・すすぎ工程で溶剤の汲み上げが十分でない場合。

対処

<工程終了後表示>・コ1の処置方法を参照。
Erコ40

内容

AC24V のヒューズが切れた。

対処

ブザーがなり、機械停止・ヒューズを交換する。
Erコ51

内容

乾燥終了時にクーラ出口温度が30℃以上ある。

対処

<工程終了後表示>・冷凍機のコンプレッサーの保温材をはがし2~3時間冷却する。
Erコ52

内容

溶剤冷却専用冷凍機のサーマルや高圧カットが働いた

対処

ブザーがなり、機械停止・冷却水系を確認する
Erコ56

内容

運転中にドア開を検知した場合

対処

ブザーがなり、機械停止・運転中のドア開・ドアスイッチの位置ずれ、故障
Erコ64

内容

振動センサが5 回働いた

対処

<工程終了後表示>・衣類が入れすぎを確認する
Erコ69

内容

脱着用冷凍機のサーマルや高圧カットが働いた

対処

ブザーがなり、機械停止・冷却水系を確認する
Erコ71

内容

低液位汲上工程(自動運転、手動運転とも)の異常検知タイミングにおいて、高液位液面スイッチがON していたとき。(自動運転のときは汲み上げ終了時点)

対処

ブザーがなり、機械停止・高液位フロートスイッチの確認・弁の開閉確認(5,7,15,17)
ErE98

内容

PLCのバッテリ電圧低下 <電源投入時表示>

対処

・PLC のバッテリを交換する
Erコ55

内容

運転中にブレークダウンを検知した場合

対処

ブザーがなり、機械停止・運転中のドア開・サーマル関係の信号線の断線・ドアスイッチの位置ずれ、故障
Erコ67

内容

活性炭入口サーモが断線、短絡などの故障した場合

対処

<工程終了後表示>・端子のゆるみ、配線状態を確認する・不良の場合交換
Erコ68

内容

活性炭2入口サーモが断線、短絡などの故障した場合

対処

<工程終了後表示>・端子のゆるみ、配線状態を確認する・不良の場合交換
Er01
モードエラー

内容

運転中受付不可のスイッチが押された

対処

2秒間ブザー鳴らした後自動復帰
Er02
データーエラー

内容

データ化けが発生した(条件設定値が設定範囲内を超えている)

対処

元電源をOFFにし再度ONしてください。“ E 0 2”の表示の状態で “温度” “乾燥” “冷風”の左下の条件設定スイッチを同時に押してください。エラーが解除されます。次いで、修正スイッチを押して修正モードに入り、条件設定値が範囲内にあるか確認の後変更して、再度修正スイッチを押して書込みをしてください。
Er07
温度エラー

内容

運転開始から5分経過してからファン出口温度が、設定温度より10℃以上高くなった

対処

・設定温度の確認
・サーミスタの確認
・ヒーターダンパー弁、及び冷風ダンパー弁が正常に動作しているか確認してください。
Er15
ファンモーターサーマ ルエラー

内容

ファンモーターのサーマルが作動した

対処

・元電源をOFFにし、サーマルをリセットしてください。
・ファンモーターに負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認してください。
Er16
駆動モーターサーマルエラー

内容

駆動モーターのサーマルが作動した

対処

・元電源をOFFにし、サーマルをリセットしてください。
・バスケットの回転に負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認してください。
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた

対処

ドアをしっかり閉めて再度運転スイッチを押してください。
Er30
ファン出口サーミスタ断線

対処

サーミスタの交換
Er31
ファン出口サーミスタショート

対処

サーミスタの交換
Er69
一時停止時間オーバーエラー

内容

運転中残り時間が“0” になっていない状態の時に停止スイッチを押して( ドアを開けた)、一時停止状態にしてから、1分以上経過しても、運転スイッチ、あるいは停止スイッチを押していない

対処

・電源スイッチをOF Fにしてください。
・再度電源スイッチを押して再運転してください。
Erコ1
溶剤汲上不良

内容

予洗・本洗・すすぎ工程で溶剤の汲上が充分でない場合ブザーが鳴り機械停止

対処

・ポンプが回っているか確認
・必要な弁の開閉確認(弁5,7,15,17)
・ボタントラップのフロートスイッチのリント詰まり確認
Erコ2
排液不良

内容

予洗・本洗・すすぎ工程の脱液が始まる前に排液が充分に行われていない場合ブザーが鳴り機械停止

対処

・必要な弁が開いているか確認(弁5,8,10,16,18)
・フロートにリントが詰まっていないか確認
Erコ3
サーマルリレー作動

内容

モータのサーマルリレーが作動した ブザーが鳴り機械停止

対処

・衣料の入れ過ぎではないか
・排液が充分行われているか確認(ボタントラップ)
Erコ4
蒸気源異常(オプション)

内容

・蒸気圧が設定圧力以下になったとき。(0.12MPa (1.2kgf/cm2 G))ブザーが鳴り機械停止

対処

・ボイラーの確認
・バルブ類の開を確認
・ドレン抜き
Erコ5
冷却水源異常(オプション)注1

内容

冷却水源の圧力が設定圧力以下になったとき0.05MPa (0.5kgf/cm2 G)ブザーが鳴り機械停止

対処

・タワー状態を確認
・バルブ類の開を確認
Erコ6
空気源異常(オプション)

内容

空気圧力高圧が設定圧力以下になったとき。(0.16MPa (1.6kgf/cm2 G))ブザーが鳴り機械停止

対処

・コンプレッサーの確認
・バルブ類の開を確認
Erコ7
冷凍機異常

内容

冷凍機のサーマルや高圧カットが働いたとき。
ブザーが鳴り機械停止

対処

・冷却水の流量不足、他を確認
Erコ8
突沸

内容

・蒸留器中の溶剤の入れすぎ。
・蒸留器内の掃除不良による泡立ち。
・蒸気圧が高すぎる。

対処

<工程終了後表示>
・蒸留器内の掃除をする
・蒸気圧が適正か確認
Erコ10
フィルタ圧異常

内容

・本洗工程開始1.5分から2 分の間にフィルタ圧力スイッチがON した時。
・本洗排液時間が規定時間内(1分)に終わらなかった

対処

<工程終了後表示>
・ポンプのリント巻き込みを確認して下さい
Erコ12
液移動不良

内容

リンスタンク液をウォッシタンクに移動するとき、フロートスイッチが上限検知しない。

対処

<工程終了後表示>
・ウォッシタンク内のフロートスイッチ点検。
Erコ13
乾燥ヒータ異常

内容

乾燥開始から1分までに、一度も処理槽入口温度が50℃以上にならなかった。ブザーがなり、機械停止

対処

・ボイラの確認
・バルブ類の開を確認(弁14)
Erコ14
リント詰まり

内容

・乾燥中冷凍機の低圧カット
・無負荷運転でも発生することがあります。このときは異常ではありません。

対処

<工程終了後表示>
・リントフィルタの掃除又は交換
・冷凍機冷媒不足
Erコ15
蒸気供給異常

内容

・モーニング脱臭実行中に蒸留器蒸気弁がON した後で空だきセンサの検知温度が一度も90℃を越えなかったとき。
・自動運転中に蒸留器弁がON した後で空だきセンサの検知温度が一度も100℃を越えなかったとき。

対処

<工程終了後表示>
・ボイラの確認
・バルブ類の開を確認(弁36)
Erコ16
脱着蒸気異常

内容

・脱着開始から3 分以降に活性炭入口温度が50度以下になったとき。

対処

ブザーがなり、機械停止
・ボイラ確認
Erコ17
乾燥時間異常

内容

・自動運転の乾燥工程で、乾燥開始から17 分経過しても設定温度に達しなかったとき。
・洗浄前乾燥で、低温乾燥の間に処理槽入口温度が設定温度に達しないとき。

対処

ブザーがなり、機械停止
・サーモスタットIの設定温度確認
・ボイラ確認
Erコ18
乾燥ヒータ異常

内容

・処理槽入口温度が50℃以上になった後に、35℃以下の状態が10 秒間続いたとき。

対処

・ボイラの確認
・バルブ類の開を確認(弁14)
Erコ21
サーモスタットI異常

内容

処理槽出口サーモが断線、短絡などの故障した場合

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ、配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ22
サーモスタットII 異常

内容

処理槽入口サーモが断線、短絡など故障した場合

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ、配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ23
クーラ出口センサ異常

内容

クーラ出口センサが断線、短絡などの故障した場合

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ、配線状態を確認する
・不良の場合は交換する
Erコ24
ボイルオーバーセンサ異常

内容

ヒータあるいはセンサの断線、短絡などの故障した場合

対処

<工程終了後表示>
・不良の場合交換
Erコ25
空炊き防止センサ異常

内容

・センサの断線
短絡などの故障をした場合

対処

<工程終了後表示>
・センサ点検
・不良の場合交換
Erコ27
タンク溶剤温度センサ異常

内容

・センサの断線
短絡などの故障をした場合

対処

<工程終了後表示>
・センサ点検
・不良の場合交換
Erコ28
溶剤汲上不良

内容

本洗・すすぎ工程で溶剤の汲み上げが十分でない場合。

対処

<工程終了後表示>
・コ1の処置方法を参照。
Erコ40
AC24Vヒュー ズ断

内容

AC24V のヒューズが切れた。

対処

ブザーがなり、機械停止
・ヒューズを交換する。
Erコ51
乾燥回収不良

内容

乾燥終了時にクーラ出口温度が30℃以上ある。

対処

<工程終了後表示>
・冷凍機のコンプレッサーの保温材をはがし2~3時間冷却する。
Erコ52
溶剤冷却専用冷凍機異常(オプション)

内容

溶剤冷却専用冷凍機のサーマルや高圧カットが働いた

対処

ブザーがなり、機械停止
・冷却水系を確認する
Erコ55
ブレークダウン異常

内容

運転中にブレークダウンを検知した場合

対処

ブザーがなり、機械停止
・運転中のドア開
・サーマル関係の信号線の断線
・ドアスイッチの位置ずれ、故障
Erコ56
ドア開異常

内容

運転中にドア開を検知した場合

対処

ブザーがなり、機械停止
・運転中のドア開
・ドアスイッチの位置ずれ、故障
Erコ64
振動異常(オプション)

内容

振動センサが5 回働いた

対処

<工程終了後表示>
・衣類が入れすぎを確認する
Erコ67
活性炭入口サーモ異常

内容

活性炭入口サーモが断線、短絡などの故障した場合

対処


<工程終了後表示>
・端子のゆるみ、配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ68
活性炭2入口サーモ異常

内容

活性炭2入口サーモが断線、短絡などの故障した場合

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ、配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ69
脱着用冷凍機異常(オプション)

内容

脱着用冷凍機のサーマルや高圧カットが働いた

対処

ブザーがなり、機械停止
・冷却水系を確認する
Erコ71
汲上バルブ異常

内容

低液位汲上工程(自動運転、手動運転とも)の異常検知タイミングにおいて、高液位液面スイッチがON していたとき。(自動運転のときは汲み上げ終了時点)

対処

ブザーがなり、機械停止
・高液位フロートスイッチの確認
・弁の開閉確認(弁5,7,15,17)
ErE98
PLC バッテリ異常

内容

PLCのバッテリ電圧低下

対処


<電源投入時表示>
・PLC のバッテリを交換する
Erコ1
溶剤汲上不良

内容

予洗・本洗・すすぎ工程で溶剤の汲上が充分でない場合

対処

ブザーが鳴り機械停止
・ポンプが回っているか確認
・必要な弁の開閉確認(弁5,7,15,17)
・ボタントラップのフロートスイッチのリント詰まり確認
Erコ2
排液不良

内容

予洗・本洗・すすぎ工程の脱液が始まる前に排液が充分に行われていない場合

対処

ブザーが鳴り機械停止
・必要な弁が開いているか確認(弁5,8,10,18,34)
・フロートにリントが詰まっていないか確認
Erコ3
サーマルリレー作動

内容

モータのサーマルリレーが作動した。

対処

ブザーが鳴り機械停止
・衣料の入れ過ぎではないか
・排液が充分行われているか確認(ボタントラップ)
Erコ4
蒸気源異常

内容

・蒸気圧が設定圧力以下になったとき。(0.12MPa (1.2kgf/cm2 G))(オプション)
・自動の乾燥工程及び手動の乾燥操作で開始2分間の間に処理槽入口サーモの温度が一度も50℃に到達しなかった時。

対処

ブザーが鳴り機械停止
・ボイラーの確認
・バルブ類の開を確認
・ドレン抜き
Erコ5
冷却水源異常

内容

冷却水源の圧力が設定圧力以下になったとき0.05MPa (0.5kgf/cm2 G)

対処

ブザーが鳴り機械停止
・タワー状態を確認
・バルブ類の開を確認
Erコ6
空気源異常(オプション)

内容

空気圧力高圧が設定圧力以下になったとき。(0.16MPa (1.6kgf/cm2 G))

対処

ブザーが鳴り機械停止
・コンプレッサーの確認
・バルブ類の開を確認
Erコ7
冷凍機異常

内容

冷凍機のサーマルや高圧カットが働いたとき。

対処

ブザーが鳴り機械停止
・冷却水の流量不足、他を確認
・本体または冷凍機の電源を再投入
Erコ8
突沸

内容

・蒸留器中の溶剤の入れすぎ。
・蒸留器内の掃除不良による泡立ち。
・蒸気圧が高すぎる。

対処

<工程終了後表示>
・蒸留器内の掃除をする
・蒸気圧が適正か確認
Erコ9
溶剤不足

内容

リンスタンクの溶剤が不足。

対処

<工程終了後表示>
・溶剤を補充
Erコ10
フィルタ圧異常

内容

・本洗工程開始1.5 分から0.5 分の間にフィルタ圧力スイッチがON した時。
・排液時間が規定時間内(1分)に終わらなかった

対処

<工程終了後表示>
・ポンプのリント巻き込みを確認して下さい
Erコ11
溶剤温度上昇

内容

・本洗工程開始1.5 分から0.5 分の間に溶剤温度が35℃を超えた時。

対処

<工程終了後表示>
・冷却水が不足していないか。
・冷凍機に異常がないか。
Erコ12
液移動不良

内容

リンスタンク液をウォッシタンクに移動するとき、フロートスイッチが上限検知しない。

対処

<工程終了後表示>
・ウォッシタンク内のフロートスイッチ点検。
Erコ13
乾燥ヒータ異常

内容

乾燥開始から1分までに、一度も処理槽入口温度が50℃以上にならなかった。

対処

ブザーがなり、機械停止
・ボイラの確認
・バルブ類の開を確認(弁14)
Erコ15
蒸気供給異常

内容

・モーニング脱臭実行中に蒸留器蒸気弁がON した後で空だきセンサの検知温度が一度も100℃を越えなかったとき。
・自動運転中に蒸留器弁がON した後で空だきセンサの検知温度が一度も100℃を越えなかったとき。

対処

<工程終了後表示>
・ボイラの確認
・バルブ類の開を確認(弁36)
Erコ17
乾燥時間異常

内容

乾燥工程開始より15 分以上たっても設定以上にならない。

対処

ブザーがなり、機械停止
・サーモスタットI の設定温度確認
・ボイラ確認
Erコ18
乾燥ヒータ異常

内容

・処理槽入口温度が50℃以上になった後に、35℃以下の状態が10 秒間続いたとき。

対処

<工程終了後表示>
・ボイラの確認
・バルブ類の開を確認(弁14)
Erコ19
溶剤冷却専用 冷凍機異常 (オプション)

内容

溶剤冷却専用冷凍機のサーマルの高圧カットが働いた

対処

ブザーがなり、機械停止
・冷却水系を確認する
Erコ20
ウォッシタンク溶剤 温度異常

内容

ウォッシタンク内溶剤温度が設定値以下にならない。

対処

ブザーがなり、機械停止
・冷凍機膨張弁の点検
・冷凍機冷媒量確認
Erコ21
サーモスタットI 異常

内容

処理槽出口サーモが断線、短絡などの故障した場合

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ、配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ22
サーモスタットII 異常

内容

処理槽入口サーモが断線、短絡など故障した場合

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ、配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ23
クーラ出口センサ異常

内容

クーラ出口センサが断線、短絡などの故障した場合

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ、配線状態を確認する
・不良の場合は交換する
Erコ24
ボイルオーバーセンサ異常

内容

ヒータあるいはセンサの断線、短絡などの故障した場合

対処

<工程終了後表示>
・不良の場合交換
Erコ25
空炊き防止センサ異常

内容

・センサの断線
短絡などの故障をした場合

対処

<工程終了後表示>
・センサ点検
・不良の場合交換
Erコ27
タンク溶剤温度センサ異常

内容

・センサの断線
短絡などの故障をした場合

対処

<工程終了後表示>
・センサ点検
・不良の場合交換
Erコ28
溶剤汲上不良

内容

本洗・すすぎ工程で溶剤の汲み上げが十分でない場合。

対処

<工程終了後表示>
・コ1の処置方法を参照。
Erコ30
回収機用エアヒータドレン抜け不足

内容

脱着開始から1 分後にアクチバエアヒータ温度が105℃以下のとき。
・蒸気供給の不足
・ドレン排出不足
・異常な背圧を受けている。

対処

ブザーがなり、機械停止
・スチームトラップ点検
・蒸気圧力点検
・仕上げ設備のドレン配管点検
Erコ31
回収機用エアヒータ 蒸気供給不足

内容

脱着開始から脱着終了までにアクチバエアヒータ温度が105℃以下になったとき。
・蒸気供給の不足
・スチームトラップ作動不良

対処

<工程終了後表示>
・蒸気弁確認
・ストレーナ点検
Erコ32
ドレン抜け センサ異常

内容

・センサの断線
・短絡などの故障をした場合。

対処

<工程終了後表示>
・センサ点検
・不良の場合交換
Erコ33
冷凍機高圧 異常

内容

冷凍機高圧スイッチが作動した時。

対処

<工程終了後表示>
・冷却水の流量不足、他を確認
・冷凍機の高低圧力開閉器をリセット
Erコ55
ブレークダウン 異常

内容

運転中にブレークダウンを検知した場合

対処

ブザーがなり、機械停止
・運転中のドア開
・サーマル関係の信号線の断線
・ドアスイッチの位置ずれ、故障
Erコ56
ドア開異常

内容

運転中にドア開を検知した場合

対処

ブザーがなり、機械停止
・運転中のドア開
・ドアスイッチの位置ずれ、故障
Erコ68
第2ボイルオーバ センサ異常

内容

・センサの断線
短絡などの故障をした場合

対処

<工程終了後表示>
・センサ点検
・不良の場合交換
Erコ70
過剰汲上検知

内容

低液位汲上工程(自動運転、手動運転とも)において、高液位液面スイッチが一度でもON したとき。

対処

<工程終了後表示>
・高液位フロートスイッチの確認
Erコ71
汲上バルブ 異常

内容

低液位汲上工程(自動運転、手動運転とも)の異常検知タイミングにおいて、高液位液面スイッチがON していたとき。(自動運転のときは汲み上げ終了時点)

対処

ブザーがなり、機械停止
・高液位フロートスイッチの確認
・弁の開閉確認
(弁5,7,15,17)
ErE98
PLC バッテリ 異常

内容

PLC のバッテリ電圧低下

対処

<電源投入時表示>
・PLC のバッテリを交換する
Erコ1
溶剤汲上不良

内容

予洗・本洗・すすぎ工程で溶剤の汲上が充分でない時
手動ウォッシ全蒸留で溶剤の汲上が充分でない時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・ポンプが回っているか確認
・必要な弁の開閉確認(弁3,5,7,9,15,17)
・ボタントラップのフロートスイッチのリント付着確認
Erコ2
溶剤排液不良

内容

予洗・本洗・すすぎ工程の脱液が始まる前に排液が充分に行われていない時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・ポンプが回っているか確認
・必要な弁の開閉確認(弁5,9,10,16,34)
・ボタントラップのフロートスイッチのリント付着確認
Erコ3
サーマルリレー作動

内容

モータのサーマルリレーが作動した時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・衣料の入れ過ぎではないか
・排液が充分行われているか確認
(ボタントラップ)
Erコ4
蒸気源異常

内容

・蒸気圧が設定圧力以下になった時0.1MPa(1.0kgf/cm2G)(オプション)
・自動乾燥工程及び手動乾燥で開始2分の間に処理槽入口サーモの温度が一度もX℃に到達しなかった時
設定温度が60℃以上の時X=50℃
設定温度が60℃未満の時X=設定温度-10℃
・モーニング脱臭で開始3分の間に処理槽入口サーモの温度が一度も40℃に到達しなかった時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・ボイラーの確認
・バルブ類の開を確認
・ドレン抜き
Erコ5
冷却水源異常

内容

・冷却水源の圧力が設定圧力以下になった時0.05MPa(0.5kgf/cm2G)
・自動運転及び手動運転開始時に溶剤温度サーモが30℃以上の場合は「溶剤冷却待機しています」表示し待機するが、5分以上経過しても30℃以下にならない時
・蒸留コンデンサ冷却出口水温が35℃以上になった時
・チラー異常を検知した時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・チラーの状態を確認
・バルブ類の開を確認
・チラー水の水温確認
Erコ7
冷凍機異常

内容

冷凍機のサーマルや高圧カットが働いた時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・冷却水の流量不足,他を確認
・冷凍機の冷媒抜け
・逆相配線していないか確認
Erコ8
突沸

内容

蒸留器内に溶剤を入れすぎた時
蒸留器内の掃除不良による泡立ちの時
蒸気圧が高すぎる時

対処

<工程終了後表示>
・蒸留器内の掃除をする
・蒸気圧が適正か確認
・蒸留器内に溶剤が残っている可能性があります。確認の上、残留している場合は手動運転の蒸留器蒸気弁にて減量してから運転してください
Erコ9
フロートスイッチ異常

内容

乾燥工程以降で低液位スイッチが作動しない時

対処

<工程終了後表示>
・ボタントラップのフロートスイッチのリント付着確認
・ボタントラップのフロートスイッチが断線していないか確認
Erコ10
リントフィルタ詰まり

内容

リントフィルタが詰った時乾燥工程で冷凍機が低圧カットを検知した時

対処

<工程終了後表示>
・リントフィルタのリント掃除
・冷媒不足
Erコ19
活性炭乾燥温度異常

内容

活性炭乾燥の開始から2分以内に、97℃以上にならなかった時

対処

<工程終了後表示>
・ボイラーの状態確認
・蒸気弁の確認
Erコ20
脱着蒸気不足

内容

脱着開始より5分経過時点で、活性炭蒸気の温度が80℃に達していない時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・ボイラーの状態確認
・蒸気弁の確認
Erコ21
サーモスタットⅠ異常(オプション)

内容

サーモスタットⅠが断線,短絡など故障した時

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ,配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ22
サーモスタットⅡ異常

内容

サーモスタットⅡが断線、短絡など故障した時

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ,配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ23
クーラ出口サーモA異常

内容

クーラ出口サーモA が断線、短絡など故障した時

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ,配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ24
ボイルオーバーセンサ異常

内容

ボイルオーバーセンサの断線、短絡など故障した時

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ,配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ25
蒸留サーモ異常

内容

蒸留サーモが断線、短絡など故障した時

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ,配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ26
クーラ出口サーモB異常

内容

クーラ出口サーモB が断線、短絡など故障した時

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ,配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ27
溶剤温度サーモ異常

内容

溶剤温度サーモが断線、短絡など故障した時

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ,配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ28
溶剤汲み上げ不良

内容

本洗・すすぎ工程で溶剤の汲み上げが充分でない時

対処

<工程終了後表示>
・コ1 の処置方法を参照
Erコ29
光電スイッチ異常

内容

センサの断線又はセンサ間の光軸がずれている時

対処

電源投入時
・光電スイッチ確認
・エアバッグが過度に膨張している場合は均して下さい
Erコ35
ピストンフロー排気異常

内容

ピストンフロー排気中に、エアバッグ負圧センサが一度も検知しなかった時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・ピストンフローファンの動作確認
・必要な弁の開閉確認(弁34,43,43-1,62,75,149,150,150-1,190)
・エアバッグの過度の膨張
Erコ41
エアバッグ正圧検知

内容

蒸留器蒸気弁がONしている時、溶剤汲み上げ時、または乾燥工程中にエアバッグ正圧圧力センサ(PS7)が5秒以上連続して圧力検知した時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・チラーの状態を確認
・バルブ類の開を確認
・チラー水の水温確認
Erコ58
脱着コンデンサ入口温度異常

内容

脱着開始5分迄に、脱着コンデンサ入口温度が50℃以上になっていない時

対処

ブザーが鳴り機械停止
・脱着溶剤回収弁を確認
Erコ60
ラプチャーディスク破れ検知

内容

ラプチャーディスクが破れた時
・処理槽内の圧力が急激に上昇した、
又は処理槽内で引火が発生した可能性があります。
・洗濯物の中に混入した異物等がディスクに衝突した。
・洗剤無しで運転し静電気により引火した。
・処理槽内にライターなどの可燃物が入っていた。

対処

ブザーが鳴り機械停止
・ラプチャーディスクの破れ確認
・破れ検知リミットスイッチの動作確認
・処理槽内の異物確認
・直ちに元電源を落としてください。
・処理槽内に火種が残っている可能性がありますので、ドアを開ける時は十分注意してください。
・処理槽内の衣料が燃えている場合は、直ちに消火活動を行ってください。
Erコ64
振動異常(オプション)

内容

振動センサーが振動異常を5 回連続して検知した時

対処

<工程終了後表示>
・衣料の入れ過ぎではないか
・排液が充分行われているか確認
Erコ73
クーラ出口サーモ異常

内容

クーラ出口サーモAとBの温度差が7℃以上になった時、かつAとBのどちらかが、-6℃以下の状態が1分間以上継続した時

対処

<工程終了後表示>
・端子のゆるみ,配線状態を確認する
・不良の場合交換
Erコ74
洗剤未投入

内容

洗剤が投入されていない時

対処

<工程終了後表示>
・洗剤缶の洗剤が空になっていないか確認
・洗剤投入ホースにエアが溜まっており洗剤が吸引されていないか確認
・液切れセンサーの動作不良または短絡の確認
・洗剤投入器逆止弁の動作確認
・洗剤投入スイッチを押し洗剤をホースに充填するまで異常解除できません。
ErE98
バックアップ不良

内容

電源投入時にシーケンサのバッテリーが不足している時

対処

シーケンサのバッテリー交換
Er6
メモリ異常

内容

EEPROM読み込み時BCC異常
Er12
給液弁異常

内容

給液弁動作してから20秒以内にリミット信号が入らない
給液弁動作してから1秒以内に近接センサ信号が入らない
Er14
排液弁異常

内容

排液弁動作してから20秒以内にリミット信号が入らない
排液弁動作してから1秒以内に近接センサ信号が入らない
Er15
振動異常

内容

脱液工程で振動検知を5回検知した
Er16
サーマル異常

内容

ポンプサーマル又は暴爆SWが動作した
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた
Er22
インバータ異常

内容

インバータ異常表示
Er27
回生抵抗サーマル異常

内容

回生抵抗サーマル異常
Er54
回転停止異常

内容

ポンプON後2分経過しても停止信号が確認できない
ErA0
バッチ洗浄弁近接センサ異常

内容

バッチ洗浄弁動作してから1秒以内に近接センサ信号が入らない
ErA1
フィルタ切替弁1近接センサ異常

内容

フィルタ切替弁動作してから1秒以内に近接センサ信号が入らない
ErA2
フィルタ切替弁2近接センサ異

内容

フィルタ切替弁動作してから1秒以内に近接センサ信号が入らない
ErA3
蒸留用排液弁近接センサ異常

内容

蒸留用排液弁動作してから1秒以内に近接センサ信号が入らない
ErA4
循環用排液弁近接センサ異常

内容

循環用排液弁動作してから1秒以内に近接センサ信号が入らない
ErA5
吸入切替弁近接センサ異常

内容

吸入切替弁動作してから1秒以内に近接センサ信号が入らない
ErA6
圧カセンサ異常

内容

給液動作してから10秒しても液位レベルが変化しない
Er06
バッテリエラー

内容

内容 :
PLC のバッテリが未接続か、またはバッテリ電圧が低下し
ています。

対処

対処 :
①バッテリの接続をチェックします。(コネクタを一度抜差しする。)
②改善されない場合は、バッテリを交換すること。
Er07
温度エラー

内容

内容 :
自動運転中にドラム内設定温度95℃以上になった。又は設定温度より10℃以上高くなった。
給湯弁、蒸気弁の動作不良の可能性があります。

対処

対処 :
①直ちに給湯本管又は蒸気本管と機械の間に取り付けられた手動弁を閉じること。
②給湯弁の点検(8.3.8 参照)
③蒸気弁の点検(8.3.9 参照)
④異常が見つかった部品は交換すること
Er08
入口温度エラー

内容

内容 :
入口温度が上昇していません。
蒸気が供給されていない可能性があります。
又は乾燥蒸気弁の動作不良の可能性があります。

対処

対処 :
①蒸気が供給されているか確認する。
②ストレーナの掃除(8.3.12 参照)
③乾燥蒸気弁の点検(8.3.9 参照)
④電源をOFF にして、乾燥蒸気弁の配線が断線していないか確認する。(線番102)
Er09
PLCエラー

内容

内容 :
PLCで異常が発生しました。

対処

対処 :
お問い合せください。
Er15
振動検知エラー

内容

内容 :
脱水中に品物がアンバランスになり、振動検知が5回作動しました。

対処

対処 :
①品物がアンバランスになっています。手でほぐし手動運転モードにて脱水を行います。
②頻繁に起こる場合は振動検知スイッチを点検すること。(8.3.3参照)
Er17
ドアエラー

内容

内容 :
運転中にドアが開いた。
ドアが開いたまま運転スイッチ又は手動操作スイッチを押した。

対処

対処 :
①ドアが開いていないか確認する。ドアが開いていたなら、しっかりと締め運転,手動操作を行う。
②ドアロックの点検(8.3.5 参照)
③電源をOFF にして、ドアスイッチの配線が断線していないか確認する。(線番44)
Er22
インバータエラー(INV1)

内容

内容 :
駆動モータ用のインバータで異常が発生しました。

対処

対処 :
①インバータのエラーを確認する。
②インバータのマニュアルを参照のこと。
Er25
排水弁動作エラー

内容

内容 : 排水弁が正常に動作していません。

対処

対処 :
①排水弁モータが動作しているか確認する。(8.3.7 参照)
②排水弁モータ、リミットスイッチの配線が断線していないか確認する。(線番R2,S2,45)
Er26
排水エラー

内容

内容 :
排水弁が開いて設定時間(3分間)以内に排水されませんでした。
排水弁動作異常、排水弁、排水ホースの詰り、排水圧力検知異常の可能性があります。又は、排水管の施工に問題があるかもしれません。

対処

対処 :
①排水弁の掃除(8.3.7 参照)
②排水弁の掃除口フタを開き、排水ホース内の詰り確認と掃除を行う。
③排水管の配管が規定通り施工されているか確認する。(5.2参照)
④排水弁の動作確認(8.3.7 参照)
⑤液面制御センサの点検(8.3.4参照)
⑥電源をOFF にして、排水弁の配線が断線していないか確認する。(線番123)排水検知圧力スイッチの配線が断線していないか確認する。(線番202)
Er27
ブレーキ抵抗器サーマルエラー

内容

内容 :
ブレーキ抵抗器(回生抵抗器)の加熱、燃焼を防ぐために回生抵抗サーマルが動作しました。

対処

対処 :
①回生抵抗サーマルの配線が断線していないか確認する。(線番47)
②断線していない時はブレーキ抵抗器(回生抵抗器)の故障が考えられます。
ブレーキ抵抗器(回生抵抗器)を交換してください。
Er30
断線エラー 内容 : ドラム温度サーミス

内容

ドラム温度サーミスタか入口温度サーミスタか出口温度サーミスタか液面制御センサが断線
しています。
サーミスタの断線、コネクタの抜け、接触不良の可能性があります。

対処

①異常箇所を確認する。(エラー画面で赤ランプが点灯)
②サーミスタのコネクタを確認、一度抜差しする。
③コネクタを外し、コネクタピンの所で抵抗を測ります。
下表は基準抵抗値です。実際は±5%程度の誤差があります。
Er31
短絡エラー

内容

アナログ入出力ユニット(CP1W-MAD11)に異常が発生しました。
サーミスタの短絡、ユニットの故障の可能性があります。

対処

①異常個所のサーミスタを確認する。(エラー画面で緑ランプが点灯)
②サーミスタのコネクタを外し、コネクタピンの所で抵抗を測ります。
・ 短絡した場合、抵抗値は0に近い値を示します。
・ 異常な抵抗値を示した場合はサーミスタを交換すること。
③アナログユニットの交換をする。
Er30
サーミスタ断線エラー

内容

ドラム温度サーミスタか入口温度サーミスタか出口温度サーミスタか液面制御センサが断線しています。
サーミスタの断線、コネクタの抜け、接触不良の可能性があります。

対処

①異常箇所を確認する。(エラー画面で赤ランプが点灯)
②サーミスタのコネクタを確認、一度抜差しする。
③コネクタを外し、コネクタピンの所で抵抗を測ります。
Er31
アナログユニットエラー

内容

内容 :
アナログ入出力ユニット(CP1W-MAD11)に異常が発生しました。
サーミスタの短絡、ユニットの故障の可能性があります。

対処

対処 :
①異常個所のサーミスタを確認する。(エラー画面で緑ランプが点灯)
②サーミスタのコネクタを外し、コネクタピンの所で抵抗を測ります。
・ 短絡した場合、抵抗値は0に近い値を示します。
・ 異常な抵抗値を示した場合はサーミスタを交換すること。
③アナログユニットの交換をする。
Er46
インバータエラー(INV2)

内容

ファンモータ用のインバータで異常が発生しました。

対処

②インバータのマニュアルを参照する。
Er50
水位エラー

内容

給水、給湯を開始し設定時間(7分間)が経過してもドラム内の水位が上昇していません。
給水、給湯の元バルブが開かれていない可能性があります。
又は、給水弁、給湯弁の動作異常、排水弁の動作異常、漏れ、液面制御センサ異常の可能性があります。

対処

①給水、給湯の元バルブが開かれているか確認する。
②手動操作で給水、給湯弁が動作しているか確認する。
③ストレーナの点検(8.3.12 参照)
④排水弁の動作確認(8.3.7 参照)
⑤液面制御センサの点検(8.3.4 参照)
⑥電源をOFF にして、給水、給湯電磁弁、液面制御センサの配線が断線していないか確認。
給湯(線番108)、給水(線番109)、水位(線番202)
Er51
温度上昇エラー

内容

蒸気設定時にドラム内の水温が上昇していません。
蒸気弁の動作異常の可能性があります。
又は蒸気弁の動作不良の可能性があります。

対処

①蒸気の元バルブが開かれているか確認する。
②ボイラーなどが稼働しているか確認する。
③手動操作で蒸気弁が動作しているか確認する。
④ストレーナの点検(8.3.12 参照)
⑤蒸気弁の点検(8.3.9 参照)
⑥電源をOFF にして、蒸気電磁弁の配線が断線していないか確認。蒸気弁(線番110)
Er53
インバータ周波数未到達エラー

内容

インバータからの周波数到達信号がありません。
線番53の断線、インバータの故障、モータの破損、主軸ベアリングの破損の可能性があります。

対処

①電源をOFF にして、周波数到達信号の配線が断線していないか確認。(線番53)
②脱水運転中にIO モニタを表示し、インバータ周波数到達がON になるかを確認する。
インバータ周波数到達がON にならない場合はインバータを交換すること。
③モータや主軸から異音がしていないか確認する。
異音がある場合は専門のサービス業者に点検を依頼すること。
④オートグリスが残っているか、規定通りに設定されているか、給油配管の詰りがないかを確認する。(8.3.1、8.3.10 参照)
Er54
インバータRUN信号エラー

内容

インバータからのRUN信号(低速度信号)がありません。
線番52の断線、インバータの故障の可能性があります。

対処

電源をOFF にして、RUN信号(低速度信号)の配線が断線していないか確認。(線番52)
Er59
ドアロックエラー

内容

ドアロックスイッチが動作していません。
運転中や手動操作中にドアロックが外れた可能性があります。

対処

①ドアロックスイッチの点検を行う。(8.3.5 参照)
②電源をOFF にして、ドアロックスイッチの配線が断線していないか確認する。(線番50)
Er69
途中停止エラー

内容

乾燥、冷風工程中にドアを閉めた状態で途中停止状態が2分続きました。

対処

エラーリセットを行ってください。
Er01
モードエラー

内容

運転中もしくは停止中に受付け不可のスイッチが押された。

対処

2 秒間ブザーを鳴らした後、自動復帰。
Er02
データーエラー

内容

データ化けが発生した。(条件設定値が設定範囲内を超えている)

対処

“E02”表示の状態で、“回収” “乾燥”“冷風”の下の左側数値変更スイッチを同時に押すとエラーが解除されます。
修正モードにて、設定条件の確認をしてください。
運転中にエラー発生の場合、ファンと駆動モーターは回転していますが、その状態でエラー解除の作業を行ってください。
モーターが停止します。
何度エラー解除しても、再々エラーが発生する場合は、シーケンサーの異常が考えられますので交換してください。
Er07
バスケット出口温度エラー

内容

運転開始より5分経過後、バスケット出口温度が設定温度より15℃以上高くなった。

対処

・設定温度の確認。
・サーミスタの確認。
・空気流通経路内のゴミ詰まりの有無の確認。(リントフィルター、クーラー等)(蒸気電磁弁からの蒸気漏れの確認)
・蒸気電磁弁のゴミ噛み。
・リレー溶着の有無の確認。
・シーケンサー内のリレー溶着の確認。
Er08
バスケット入口温度エラー

内容

回収乾燥行程開始後10 分経過してから乾燥工程終了までの間に、バスケット入口設定温度より40℃以上高くなった。(バスケット入口温度制御を実施時に確認している)

対処

エラーが発生してもそのままの状態でエラーが解除されることもあります。
・設定温度の確認。
・サーミスタの確認。
・空気流通経路内のゴミ詰まりの有無の確認。(リントフィルター、クーラー等)(蒸気電磁弁からの蒸気漏れの確認)
・蒸気電磁弁のゴミ噛み。
・リレー溶着の有無の確認。
・シーケンサー内のリレー溶着の確認。
Er09
クーラー出口温度エラー

内容

回収行程開始して45 秒経過後より回収工程終了までの間にクーラー出口温度が40℃を超えた。

対処

エラーが発生してもそのままの状態でエラーが解除されることもあります。
・冷却水の循環及び冷却水量の確認。
・空気流通経路内のゴミ詰まりの有無の確認。(リントフィルター、クーラー等)
・冷却水温が高い。
・サーミスタの確認。
・クーラー配管内のスケールあるいはゴミ詰まりの確認。
Er15
ファンモーターサーマルエラー

内容

ファンモーター用サーマルが作動した。

対処

・元電源をOFF にし、制御ボックス内のマグネットサーマルをリセットしてください。
・バスケットの回転あるいは、ファンモーターに負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認。
Er16
駆動モーターサーマルエラー

内容

駆動モーター用サーマルが作動した。

対処

・元電源をOFF にし、制御ボックス内のマグネットサーマルをリセットしてください。
・バスケットの回転あるいは、ファンモーターに負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認。
Er17
ドアエラー

内容

運転スイッチを押した時、及び運転中にドアスイッチがOFF。

対処

・ドアをしっかり閉めて再度運転スイッチを押してください。
・上部カバー内にあるドアスイッチの動作確認。
・ドアスイッチからシーケンサーまでの電線の断線有無の確認。
Er21
防爆エラー

内容

フロートスイッチが作動した。

対処

・フロートスイッチ⇔シーケンサー間の電線の断線有無の確認。
・温度が上がり過ぎていないか確認。
Er23
吸気弁作動エラー

内容

吸気弁用リミットスイッチが正常反応を示さない

対処

・リミットスイッチがON 状態の時、導通があるか確認。
・ギアモーターが回転するかあるいは回転し続けているか確認。
・ギアモーター用リレーの確認。
・操作パネルからの出力確認。
Er24
排気弁作動エラー

内容

排気弁用リミットスイッチが正常反応を示さない

対処

・リミットスイッチがON 状態の時、導通があるか確認。
・ギアモーターが回転するかあるいは回転し続けているか確認。
・ギアモーター用リレーの確認。
・操作パネルからの出力確認。
Er25
冷風弁作動エラー

内容

冷風弁用リミットスイッチが正常反応を示さない

対処

・リミットスイッチがON 状態の時、導通があるか確認。
・ギアモーターが回転するかあるいは回転し続けているか確認。
・ギアモーター用リレーの確認。
・操作パネルからの出力確認。
Er30
バスケット出口サーミスタ断線

対処

・サーミスタ⇔シーケンサー間の電線の断線有無およびショートの確認。
・サーミスタの交換。
Er31
バスケット出口サーミスタショート

対処

・サーミスタ⇔シーケンサー間の電線の断線有無およびショートの確認。
・サーミスタの交換。
Er32
バスケット入口サーミスタ断線

対処

・サーミスタ⇔シーケンサー間の電線の断線有無およびショートの確認。
・サーミスタの交換。
Er33
バスケット入口サーミスタショート

対処

・サーミスタ⇔シーケンサー間の電線の断線有無およびショートの確認。
・サーミスタの交換。
Er34
クーラー出口サーミスタ断線

対処

・サーミスタ⇔シーケンサー間の電線の断線有無およびショートの確認。
・サーミスタの交換。
Er35
クーラー出口サーミスタショート

対処

・サーミスタ⇔シーケンサー間の電線の断線有無およびショートの確認。
・サーミスタの交換。
Er51
温度未到達エラー

内容

電磁弁ON 後30 秒経過してもバスケット入口温度がONした時の温度より2℃以上上昇しない

対処

・蒸気元バルブの確認。
・電磁弁開閉の確認。
・電磁弁のオリフィスの詰まりの有無確認。
・スチームトラップの確認。
・蒸気電磁弁用のリレーの確認。
・シーケンサーの出力確認。
Er69
一時停止時間オーバーエラー

内容

運転中一時停止にして、180秒以上経過しても運転あるいは停止スイッチが押されなかった。

対処

・電源スイッチOFF 後、再度電源スイッチを押して再運転してください。
Er01
モードエラー

内容

運転中受付不可のスイッチが押された

対処

2秒間ブザー鳴らした後自動復帰
Er02
データーエラー

内容

データ化けが発生した(条件設定値が設定範囲内を超えている)

対処

元電源をOFF にし再度ON して下さい。
“E02”の表示の状態で “温度”、“乾燥”、“冷風”の左下の条件設定スイッチを同時に押してください。エラーが解除されます。次いで、修正スイッチを押して修正モードに入り、条件値が範囲内にあるか確認の後変更して、再度修正スイッチを押して書込みをしてください。
Er07
温度エラー

内容

運転開始から5分経過してからバスケット出口温度が設定温度よりも10℃以上高くなった

対処

・設定温度の確認
・サーミスタの確認
・ヒーターダンパー及び冷風ダンパーが正常に動作しているか確認してください
Er15
ファンモーターサーマルエラー

内容

ファンモーターのサーマルが作動した

対処

・元電源をOFF にし、サーマルをリセットしてください。
・バスケットの回転或いはファンモーターに負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認してください。
Er16
駆動モーターサーマルエラー

内容

駆動モーターのサーマルが作動した

対処

・元電源をOFF にし、サーマルをリセットしてください。
・バスケットの回転或いはファンモーターに負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認してください。
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた

対処

ドアをしっかり閉めて再度運転スイッチを押してください。
Er30
ファン出口サーミスタ断線

対処

サーミスタの交換
Er31
ファン出口サーミスタショート

対処

サーミスタの交換
Er69
一時停止時間オーバーエラー

内容

運転中残り時間が“0”になっていない時に停止スイッチを押した、或いはドアを開けて一時停止状態にしてから1分以上経過しても、運転スイッチ或いは停止スイッチを押していない

対処

・電源スイッチをOFF にしてください。
・再度電源スイッチを押して再運転してください
Er01
モードエラー

内容

運転中受付不可のスイッチが押された

対処

2秒間ブザー鳴らした後自動復帰
Er02
データーエラー

内容

データ化けが発生した(条件設定値が設定範囲内を超えている)

対処

元電源をOFFにし再度ONしてください。“ E 0 2”の表示の状態で “温度” “乾燥” “冷風”の左下の条件設定スイッチを同時に押してください。エラーが解除されます。次いで、修正スイッチを押して修正モードに入り、条件設定値が範囲内にあるか確認の後変更して、再度修正スイッチを押して書込みをしてください。
Er07
温度エラー

内容

運転開始から5分経過してからファン出口温度が、設定温度より10℃以上高くなった

対処

・設定温度の確認
・サーミスタの確認
・ヒーターダンパー弁、及び冷風ダンパー弁が正常に作動しているか確認してください。
Er15
ファンモーターサーマルエラー

内容

ファンモーターのサーマルが作動した

対処

・元電源をOFFにし、サーマルをリセットしてください。
・ファンモーターに負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認してください。
Er16
駆動モーターサーマルエラー

内容

駆動モーターのサーマルが作動した

対処

・元電源をOFFにし、サーマルをリセットしてください。
・バスケットの回転に負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認してください。
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた

対処

ドアをしっかり閉めて再度運転スイッチを押してください。
Er30
ファン出口サーミスタ断線

対処

サーミスタの交換
Er31
ファン出口サーミスタショート

対処

サーミスタの交換
Er69
一時停止時間オーバーエラー

内容

運転中残り時間が“0” になっていない状態の時に停止スイッチを押して( ドアを開けた)、一時停止状態にしてから、1分以上経過しても、運転スイッチ、あるいは停止スイッチを押していない

対処

・電源スイッチをOF Fにしてください。
・再度電源スイッチを押して再運転してください。
Er01
モードエラー

内容

運転中受付不可のスイッチが押された

対処

2秒間ブザー鳴らした後自動復帰
Er02
データーエラー

内容

データ化けが発生した(条件設定値が設定範囲内を超えている)

対処

元電源をOFFにし再度ONしてください。“ E 0 2”の表示の状態で “温度” “乾燥” “冷風”の左下の条件設定スイッチを同時に押してください。エラーが解除されます。次いで、修正スイッチを押して修正モードに入り、条件設定値が範囲内にあるか確認の後変更して、再度修正スイッチを押して書込みをしてください。
Er07
温度エラー

内容

運転開始から2分経過してからファン出口温度が、設定温度より10℃以上高くなった

対処


・設定温度の確認
・サーミスタの確認
・ヒーターダンパー弁、及び冷風ダン
パー弁が正常に作動しているか確
認してください。
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた

対処

ドアをしっかり閉めて再度運転スイッチを押してください。
Er22
ドラム又はファン用インバータエラー

内容

ドラム又はファン用インバータ異常、または故障です

対処

インバータ表示確認
インバータBOX フィルタ掃除
Er30
ファン出口サーミスタ断線

対処

サーミスタの交換
Er31
ファン出口サーミスタショート

対処

サーミスタの交換
Er69
一時停止時間オーバーエラー

内容

運転中残り時間が“0” になっていない状態の時に停止スイッチを押して( ドアを開けた)、一時停止状態にしてから、3分以上経過しても、運転スイッチ、あるいは停止スイッチを押していない

対処

・電源スイッチをOF Fにしてください。
・再度電源スイッチを押して再運転してください。
Er0
24V異常

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・24V電源異常
・24V電源が故障しました。サービスマンに連絡してください。

対処

停止ボタンを1回押すとブザー停止。
24V電源を復旧し、停止ボタンをもう1回押すと解除。
Erコ1
溶剤汲み上げ不良

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・洗剤汲み上げ不良です。(推定原因)
・ボタントラップフロートスイッチリント付着
・中間弁 ウオッシュ出口弁 ポンプ回路弁作動不良
・エアー圧低下 高圧0.5-0.6Mpa(5-6kg/cm2G) 低圧0.2-0.3Mpa(2-3kg/cmG)
・ポンプリント詰まり
・ウオッシュタンク溶剤量不良
・ボタントラップフロートスイッチ作動不良

対処

停止ボタンを1回押すとブザー停止。
提訴ボタンをもう1回押すと異常解除。
Erコ2
溶剤排液不良

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・洗剤排液不良です。(推定原因)
・ボタントラップフロートスイッチリント付着
・蒸留器弁 中間弁 作動不良 ボタントラップストレーナリント詰まり
・エアー圧低下 高圧0.5-0.6Mpa(5-6kg/cm2G) 低圧0.2-0.3Mpa(2-3kg/cmG)
・フィルター圧上昇
・リンス入口弁作動不良
・ポンプリント詰まり
・ボタントラップフロート作動

対処

停止ボタンを1回押すとブザー停止。
停止ボタンをもう1回押すと異常解除。
Erコ3
サーマルリレー作動

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・モーター類の不具合です。
・サーマルをリセットしてください。

対処

・停止ボタンを1回押すとブザー停止。
・サーマルリレーをリセットし、停止ボタンをもう1回押すと解除。
推定原因
・洗浄モータの不良
・ボタントラップ、ストレーナリント詰まり
・洗浄泡立ち過多
・振動過多(振動台付けの時9
・洗浄衣料の投入量過多
・フィルター圧上昇
・ドライブ用マグネット接点不良
・ドアフレームのリント付着
・ボタントラップ流入管リント詰まり
・ポンプモータの不良、コイン等のかみこみ
・ファンモータの不良、ベアリングの不良
・蒸留器ファンの不良、ベアリングの不良
Erコ4
蒸気流異常

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・蒸気圧が0.1Mpa(1kg/cm2G)以下です

対処

停止ボタンを1回押すとブザー停止。
停止ボタンをもう1回押すと異常解除。
推定原因
・ボイラー異常
・蒸気手動弁が閉じています
・蒸気ストレーナ目詰まり
・圧力センサー異常
・スチームトラップ開放
・圧力の上昇を確認してください
Erコ5
冷却水異常

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・冷却水圧が0.05MPa(0.5kg/cm2G)以下です
・ウォッシュタンク液温が30℃以上です

対処

・停止ボタンを1回押すとブザー停止。
・異常原因が解消されていれば停止ボタンをもう1回押すと異常解除。
推定原因
・冷却ポンプ異常
・冷却水圧一時低下
・冷却水手動弁が閉じています
・冷却水ストレーナ目詰まり
・圧力センサ異常
・圧力の上昇を確認してください
・ウォッシュタンク溶剤温度が30℃以上
Erコ6
空気圧異常

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・空気圧が0.016MPa(0.15kg/cm2G)以下です

対処

・停止ボタンを1回押すとブザー停止。
・異常原因が解消されていれば、停止ボタンをもう1回押すと異常解除。
推定原因
・コンプレッサーの確認
・バルブ類の確認
Erコ7
冷凍機異常

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・冷凍機のサーマルや高圧スイッチが作動しました
・サーマル。高圧スイッチをリセットしてください

対処

・停止ボタンを1回押すとブザー停止。
・本体または冷凍機の電源を再投入する。
推定原因
・冷却水不足
・冷却水ポンプ異常
・冷凍機膨張弁作動不良
・コンプレッサースケール付着
・冷却水温上昇
・クーラ過負荷
・冷凍機制水弁調整不良
・冷凍機冷媒不足
・冷凍機コンプレッサ焼付不良
Erコ8
突沸

内容

表示タイミング
・運転終了時
機械動作
・検出時に蒸留器 蒸気弁をOFF
異常表示内容
・蒸留器内で泡が立ち過ぎています。

対処

・ボイルオーバ温度が130°C以上になったら、停止ボタンを1回押すと解除するが、130°C以下でも注意表示後に解除できる。
推定原因
・多量水分混入液を蒸留
・蒸留器蒸気圧上昇 0.4-0.5MPa (4-5 kg/cm2G)
・蒸留器内掃除不良
・蒸留量過多
・多量の加工剤、前処理を蒸留。
・洗剂使用星遍多0.5%以下
・ボイルオーバセンサリント付着
・ボイルオーバヒータリレー接触不良
・ボイルオーバセンサコネクタ接触不良
Erコ9
溶剤不足

内容

表示タイミング
・運転終了時
異常表示内容
・リンスタンクの液量が不足しています。

対処

停止ボタンを押す。
推定原因
・リンスタンクサイドグラスを見て溶剤補充
・リンスタンクフロートスイッチリント付着
Erコ10
フィルタ圧上昇

内容

表示タイミング
・運転終了時
異常表示内容
・フィルタ圧が0.18MPa(1.9kg/cm2G)異常です。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・フィルタメンテナンス時期スラッジダウンして下さい
・前処理剤水分過多
フィルター弁、ウォッシュ循環弁作動不良
Erコ11
溶剤温度上昇異常

内容

表示タイミング
・運転終了時
異常表示内容
・溶剤温度が35℃以上です。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・冷凍機膨張弁作動不良
・処理槽出口サーモ設定高すぎ
・冷凍機電磁弁作動不良
・冷凍機冷媒不足
・溶剤温度センサ不良
Erコ12
液移動不良

内容

表示タイミング
・運転終了時
異常表示内容
・ウォッシタンクの液量が不足しています

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・ウォッシタンクフロートスイッチ作動不良
・リンス出口弁、ウォッシ循環弁作動不良
・フィルタ入口弁、中間弁作動不良
・ウォッシュタンクフロートスイッチ調整不良
・ポンプリント詰まり
・リンスタンク液量不良
Erコ15
蒸気供給異常

内容

表示タイミング
・運転終了時
異常表示内容
・蒸留機蒸気の供給不足です。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・蒸気配管ドレン抜け不良
・蒸気圧低下
・ボイラー異常
Erコ17
乾燥時間異常

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・乾燥時間異常です。

対処

・停止ボタンを1回押すとブザー停止。停止ボタンをもう1回押すと異常解除。
推定原因
・処理槽出口サーモ設定高すぎ
・リントフィルタリント詰まり
・エアヒータ用スチームトラップ不良
・蒸気圧低下
・蒸気手動弁 閉
・乾燥蒸気弁不良
・脱臭ダンパ作動不良
・乾燥サーモセンサー不良
冷凍クーラのリント付着
Erコ19
活性炭乾燥ヒータ蒸気異常

内容

表示タイミング
・運転終了時
異常表示内容
・蒸留機蒸気の供給不足です。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・蒸気配管ドレン抜け不良
・蒸気圧低下
・ボイラー異常
Erコ20
活性炭脱着蒸気異常

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・蒸留機蒸気の供給不足です。

対処

・停止ボタンを1回押すとブザー停止。停止ボタンをもう1回押すと異常解除。
推定原因
・蒸気配管ドレン抜け不良
・蒸気圧低下
・ボイラー異常
Erコ21
処理槽出口センサ異常

内容

表示タイミング
・運転開始時
・運転終了時
機械動作
・この異常がある場合、乾燥がサーモⅠ選択の場合の自動運転、手動乾燥、スラッジダウン、簡易スラッジダウンの開始不可。また。自動運転と手動乾燥をサーモⅡで運転中にサーモⅠに切り換え不可。
異常表示内容
・処理槽出口サーモの不良です。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・サーミスタ又は配線の断線、短絡
・配線コネクタ、端子接触不良
Erコ22
処理槽入口センサ異常

内容

表示タイミング
・運転開始時
・運転終了時
機械動作
・この異常がある場合、乾燥がサーモⅡ選択の場合の自動運転、手動乾燥、スラッジダウン、簡易スラッジダウンの開始不可。また。自動運転と手動乾燥をサーモⅠで運転中にサーモⅡに切り換え不可。
異常表示内容
・処理槽入口サーモの不良です。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・サーミスタ又は配線の断線、短絡
・配線コネクタ、端子接触不良
Erコ23
クーラ出口センサ異常

内容

表示タイミング
・運転終了時
異常表示内容
・乾燥クーラ出口サーモの不良です。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・サーミスタ又は配線の断線、短絡
・配線コネクタ、端子接触不良
Erコ24
ボイルオーバセンサ異常

内容

表示タイミング
・運転終了時
異常表示内容
・突沸センササーモの不良です。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・サーミスタ又は配線の断線、短絡
・配線コネクタ、端子接触不良
Erコ25
空焚きセンサ異常

内容

表示タイミング
・運転終了時
異常表示内容
・空焚きセンササーモの不良です。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・サーミスタ又は配線の断線、短絡
・配線コネクタ、端子接触不良
Erコ26
クーラ出口センサB異常

内容

表示タイミング
・運転終了時
異常表示内容
・乾燥クーラ出口サーモAの不良です。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・サーミスタ又は配線の断線、短絡
・配線コネクタ、端子接触不良
Erコ27
溶剤温度センサ異常

内容

表示タイミング
・運転終了時
異常表示内容
・ウォッシタンク溶剤温度サーモの不良です。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・サーミスタ又は配線の断線、短絡
・配線コネクタ、端子接触不良
Erコ28
溶剤汲み上げ不良

内容

表示タイミング
・運転終了時

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・本洗、すすぎ工程で溶剤の汲上げが充分でない。
・ボタントラップフロートスイッチリント付着
・中間弁、ウォッシ出口弁、ポンプ回路弁、作動不良
・エアー圧低下 高圧0.5-0.6MPa(5-6kg/cm2G)低圧0.2-0.3MPa(2-3kg/cm2G)
・ポンプリント詰まり
・ウォッシタンク溶剤量不良
・ボタントラップフロートスイッチ作動不良
Erコ29
エアバック光電スイッチ異常

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・ブザーなし
異常表示内容
・電源ON時に、エアバック光電スイッチがOFFしています。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・エアバック光電スイッチの光軸のずれ
・エアバック光電スイッチの故障・断線
Erコ33
冷凍機高圧異常

内容

表示タイミング
・運転終了時
異常表示内容
・冷凍機の高圧圧力が上昇しました。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・冷却水不足
・冷却水ポンプ異常
・冷凍機膨張剤作動不良
・コンデンサスケール付着
・冷却水温上昇
・クーラ過負荷
・冷凍機制水弁調整不良
・冷凍機冷媒不足
・冷凍機コンプレッサ焼き付け不良
Erコ35
ピストンフロー排気不良

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・停止ボタンを押す。
異常表示内容
・ピストンフロー排気不良です。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・エアバッグ内に多くのガスが残っている。
・ピストンフローファンの停止。
・ピストンフロー排気ホースの折れ、詰まり。
・ピストンフロー弁が閉じている。
・エアバック弁が開いている。
・エアバック負圧圧力スイッチの不良。
Erコ41
エアバック正圧検知

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・エアバック正圧力スイッチが圧力異常を検知しました。

対処

・停止ボタンを1回押すとブザー停止。停止ボタンをもう1回押すと異常解除。
推定原因
・冷却水ポンプ異常
・冷却水圧一時低下
・冷却水手動弁が閉じています
・冷却水ストレーナ目詰まり
・圧力センサ異常
・圧力の上昇を確認して下さい・
・チラー異常
Erコ42
ウォッシタンク溶剤サーモ

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・ウォッシタンク液温が30℃以上です。

対処

・停止ボタンを1回押すとブザー停止。停止ボタンをもう1回押すと異常解除。
推定原因
・冷却水ポンプ異常
・冷却水圧一時低下
・冷却水手動弁が閉じています
・冷却水ストレーナ目詰まり
・圧力センサ異常
・圧力の上昇を確認して下さい・
・チラー異常
Erコ58
脱着コンデンサ温度異常

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・着脱コンデンサ温度上昇不良です。

対処

・停止ボタンを1回押すとブザー停止。停止ボタンをもう1回押すと異常解除。
推定原因
・活性炭タンクとコンデンサ間の弁が動作不良
Erコ59
脱着コンデンサセンサ異常

内容

表示タイミング
・運転終了時
異常表示内容
・脱着コンデンサ入口サーモ不良です。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・サーミスタ又は配線の断線、短絡
・配線コネクタ、端子接触不良
Erコ60
ラプチャーディスク破れ検知

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止

対処

・停止ボタンを1回押すとブザー停止。ラプチャーディスク破れ検知リミットスイッチがOFFで、停止ボタンをもう1回押すと異常解除。
Erコ70
過剰汲み上げ検知

内容

表示タイミング
・運転終了時
異常表示内容
・低液位行程中(予洗、すすぎまたは手動低液位)に、溶剤が規定より多く汲み上げられました。

対処

・停止ボタンを押す。
推定原因
・フロートスイッチにリント付着。
Erコ71
汲み上げバルブ異常

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・低液位行程中(予洗、すすぎまたは手動低液位)に、汲み上げバルブの異常が検知されました。

対処

・停止ボタンを1回押すとブザー停止。停止ボタンをもう1回押すと異常解除。
推定原因
・ウォッシ出口弁、リンスタンク出口弁、の作動不良。
Erコ73
クーラ出口サーモ温度異常2

内容

表示タイミング
・運転終了時

対処

・停止ボタンを押す
Erコ74
洗剤未投入異常

内容

表示タイミング
・起動時運転終了時
機械動作
・起動時は即停止

対処

・停止ボタンを押す。
ErACF
停電検出

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・停電を検出しました。
ErE93
不正リセット(マイコン異常)

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・不正リセット(マイコン異常)

対処

・スイッチを一度きり、入れ直して下さい。
ErE96
不正割込み発生(マイコン異常)

内容

表示タイミング
・検出時
機械動作
・即停止
異常表示内容
・不正割込発生(マイコン異常)

対処

推定原因
・ROMの交換
・リセット制御を強制します。
・改善されない場合は、サービスマンに連絡して下さい
ErE98
バックアップ不良(マイコン異常)

内容

表示タイミング
・電源投入時
異常表示内容
・バックアップ不良です(マイコン異常)
・リセット制御を強行します

対処

・サービスマンに連絡して下さい
ErE99
ROM不良(マイコン異常)

内容

表示タイミング
・電源投入時
異常表示内容
・ROM不良です
・推定原因を以降に表示します
・ジャンパーピンJP4はずれ

対処

・ROMの交換
・リセットで再初期化を行います
・書込したデータは全て失われます
Er04
全行程時間エラー

内容

全行程が99分を超えています。
99分を超える設定はできません。

対処

各行程時間を再検討してください
Er01
モードエラー

内容

運転中受付不可のスイ ッチが押された

対処

2秒間ブザー鳴らした後自動復帰
Er02
データーエラー

内容

データ化けが発生した (条件設定値が設定範 囲内を超えている)

対処

元電源をOFFにし再度ONしてくださ い。
“E02”の表示の状態で “温 度” “乾燥” “冷風”の左下の条件 設定スイッチを同時に押してくださ い。
エラーが解除されます。
次いで、 修正スイッチを押して修正モードに 入り、条件設定値が範囲内にあるか 確認の後変更して、再度修正スイッ チを押して書込みをしてください。
Er07
温度エラー

内容

運転開始から5分経過 してからファン出口温度 が、設定温度より10℃ 以上高くなった

対処

・設定温度の確認
・サーミスタの確認
・ヒーターダンパー弁、及び冷風ダン パー弁が正常に作動しているか確 認してください。
Er15
ファンモーターサーマ ルエラー

内容

ファンモーターのサーマ ルが作動した

対処

・元電源をOFFにし、サーマルをリセ ットしてください。
・ファンモーターに負荷がかかってい ないか、単相運転になっていない か確認してください。
Er16
駆動モーターサーマ ルエラー

内容

駆動モーターのサーマ ルが作動した

対処

・元電源をOFFにし、サーマルをリセ ットしてください。
・バスケットの回転に負荷がかかっていないか、単相運転になっていないか確認してください。
Er17
ドアエラー

内容

運転中にドアが開いた

対処

ドアをしっかり閉めて再度運転スイッチを押してください。
Er30
ファン出口サーミスタ断線

対処

サーミスタの交換
Er31
ファン出口サーミスタショート

対処

サーミスタの交換
Er69
一時停止時間オー バーエラー

内容

運転中残り時間が “0” になっていない状態の時に停止スイッチを押して(ドアを開け た)、一時停止状態にしてから、1分以上経過しても、運転スイッチ、あるいは停止スイッチを押していない

対処

・電源スイッチをOFFにしてくださ い。
・再度電源スイッチを押して再運転し てください。
Er07
温度エラー

内容

ドラム出口温度が乾燥温度より15℃以上上昇した。

対処

蒸気電磁弁(ヒーター電磁弁)、またはドラム出口サーミスタの点検をする。
Er08
入口温度エラー

内容

バスケット入口温度が、 設定温度よりも38℃以上上昇した。

対処

蒸気電磁弁(ヒーター電磁弁)、またはドラム入口サーミスタの点検をする。
Er09
システムエラー

内容

PLC(シーケンサ)が異常です。

対処

PLCを交換し必要であれば弊社から発送した正常なPLGと交換してください。
Er16
ドラムサーマルエラー

内容

ドラムモータのサーマルが動作した。

対処

以下いずれかの原因を取り除き、サーマルをリセットする。
・衣類の入れすぎ
・機械的にドラムが回転しにくい
・200V電源の元電圧が下がっている
・200V電源の三相線の内、一本が緩んでいる
Er17
ドアエラー

内容

ドラム回転中にドアが開いた、あるいはドアが開いた状態で運転しようとした。

対処

ドアを閉じる、またはドアスイッチの点検をする。
Er21
防爆エラー

内容

内圧異常検知フロートが動作した。

対処

ドラム内で爆発が発生した恐れがあります。
爆発が発生した場合は直ちに消火活動を行ってください。
内圧異常検知フロートを点検する。
Er22
インバータエラー

内容

インバータが異常を発生した。

対処

200V電源の元電圧が下がっている。
200V電源の三相線の内、一本がゆるんでいる。(単相運転になっている)
モータ又はインバータの故障。
敗戦に緩みがないか、インバータの端子台に供給電圧と同じ電圧が入力されているかモータから異音がしてないか確認してください。
必要であればモータ、インバータを交換してください。
Er51
温度未到達エラー

内容

蒸気電磁弁(ヒーター電磁弁)をONしているのに、ドラム入口の温度に温度上昇がみられない。
3℃以上上昇しなかった。

対処

蒸気電磁弁(ヒーター電磁弁)を点検する。
Er60
乾燥回数エラー

内容

乾燥回数が16回となった。

対処

リントフィルターを掃除し、乾燥回数を0回(クリア)にする。
クリア方法・・・4-2-4 乾燥回数クリア方法参照
Er63
ドラム入口サーミスタエラー

内容

ドラム入口サーミスタの短絡、または断線。

対処

ドラム入口サーミスタを点検する。
Er64
ドラム出口サーミスタエラー

内容

ドラム出口サーミスタの短絡、または断線。

対処

ドラム出口サーミスタを点検する。
Er66
クーラー出口サーミスタ

内容

クーラー出口サーミスタの短絡、または断線。

対処

クーラー出口サーミスタを点検する。
Er66
外気温サーミスタエラー

内容

外気温サーミスタの短絡、または断線。

対処

外気温サーミスタを点検する。
Er67
冷凍機高圧エラー

内容

冷凍機高圧スイッチが動作した

対処

冷却水が供給されているか点検する。
元バルブを点検する。
冷却水の水温、水量を点検する。
自動給水弁、冷却水電磁弁、冷却水配管につまりがないか点検する。
Er68
冷凍機エラー

内容

水冷式:
冷媒電磁弁ON後50秒過ぎても低圧が復帰しない、又は冷媒電磁弁OFF後50秒過ぎても低圧カットしない。
空冷式:
冷媒電磁弁ON後90秒過ぎても室外機運転確認ができない、又は冷媒電磁弁OFF後90秒過ぎても室外機停止確認ができない。

対処

冷媒電磁弁を点検する。
Er69
一時停止時間エラー

内容

一時停止時間が1分を越えた。
(1分以内に再運転されなかった)

対処

エラー解除後、運転する。
(始めからの運転になります)
Er70
冷凍機サーマルエラー

内容

冷凍機のサーマルが作動した。

対処

冷凍機、マグネット、及びサーマルを点検する。
Er71
吸気弁エラー

内容

吸気弁が正常に作動していない。

対処

吸気弁、ギヤモータ、及びリミットスイッチを点検する。
Er71
排気弁エラー

内容

排気弁が正常に作動していない。

対処

排気弁、ギヤモータ、及びリミットスイッチを点検する。
Er74
バイパス弁エラー

内容

バイパス弁が正常に作動していない。

対処

バイパス弁、ギヤモータ、及びリミットスイッチを点検する。
Er75
クーラー出口温度エラー

内容

クーラー出口温度が35℃以上となった。

対処

冷凍機が運転されているか、冷媒不足でないか等を点検する。
Er76
室外機電源エラー(空冷式のみ)

内容

室外機元電源が供給されていない。

対処

室外機を点検、修理する。
Er77
室外機エラー

内容

室外機に異常が発生した。
(異常の内容は、室外機取扱説明書を参照)

対処

室外機を点検、修理する。
Er78
冷凍機運転エラー

内容

冷凍機運転時間が60秒以内であった状態が、2回連続して発生した。
またはクーラー出口温度が10℃以上なのに冷凍機が停止した。

対処

(水冷式)
冷凍機運転中の高圧ゲージの値は、適正か確認する。
冷媒不足ではないか等確認する。
(空冷式)
冷媒不足ではないか確認する。