先輩からの言葉 - 設計課 藤井 宏光

平成24年度入社

設計部設計課 藤井 宏光

楽しいけど難しい
難しいからやりがいがある

設計課所属の藤井と言います。
仕事の内容は主に機械の設計と製図です。
平成24年度入社で趣味は釣りとボーリング、好きなものはコーヒーです。
特にコーヒーは豆を買ってきて自分で挽いてドリップして淹れたりしています。
それから実は現在山本製作所のボーリング部に所属しています。

やっぱり入社前は会社の人たちと上手くやっていけるだろうか、機械を上手く設計できるだろうか、
そんな心配をしていました。
入社後、最初の2年半は現場で組み立ての仕事をしていました。
初めて触る機械ですので、自分が設計する実際の機械の事を熟知するためには必要でした。
現場では話しやすい先輩達がとても多く、会社に馴染むのも早かったと思います。

また乾燥機の設計に任命された後も、疑問点や不明点についてアドバイスやヒントを教えていただき、仕事を進める事ができました。

日常でコインランドリーや乾燥機を利用していたこともあり、興味も少なからずあったのですが、実際に設計をするとなるとやはり大変でした。
施工現場では想定外の事が結構あり、建物の構造上、熱の逃げ場がなかったりするとセンサーの位置に不具合が出たりします。
場所に合わせて機械を作るのではなく、最初からそこを見据えた設計でないといけないんです。
ですから常に考え続ける事はもちろん、考えられる悪条件を全て見越し、設計に落とし込まないといけません。
これからは設計だけでなく、現地に行って色々見たりしながら学んで、経験を積みたいですね。
設計の仕事はとても大変な、でもとてもやりがいのある仕事だと思っています。
もちろん1人で全ての事は出来ない仕事内容です。
ただ上手く行った時はとても嬉しく、本当にやってて良かったなあと思える仕事です。

あらゆる現場の環境や悪条件を見越した設計をするにはまだまだ甘いと思っています。

今後は現地などにも行って、先を読む力と知識を身に付けていきたいですね。
後は近々行われる社内ボーリング大会でぜひ優勝したいです。